庭木図鑑 植木ペディア > オヒョウ

オヒョウ/おひょう/於瓢

Manchurian Elm

オヒョウの木の葉っぱ
葉はツノが生えたような不思議な形になる
於瓢の新芽
芽出しの様子
おひょう,樹木
新葉の様子
あつしのき,アツシノキ
葉の形は様々
粘りシナの木
葉の裏面の様子
あつしのき,おひょうにれ
樹高は最大で20mを超える
紅葉 アツシノキ
日当たりが良ければ綺麗に黄葉する
オヒョウの木の幹
丈夫な樹皮でアイヌの人々は衣服を作った

【オヒョウとは】

・日本全土を含めた東アジアに分布するニレ科の落葉高木。日本では北海道の山地に多いが、九州までの各地に見られる。

 

・カレイに似たオヒョウという魚がいるが、本種とは関係なく、「オヒョウ」は本種の樹皮を意味するアイヌ語の「オピウ」が転訛したもの。

 

・葉は長さ7~15センチほどで、先端は3~5つに裂けて不規則に尖る。表面には毛が多くてザラつき、かつ縁のギザギザも大きい。左右非対称の葉はよく目立つが、中には切れ込みの全くない葉もある。日当たりの良い場所では秋に黄葉する。

 

・オヒョウの開花は、新葉が展開する前の4~6月で、北海道の花木としては最も早い。花はハルニレと同じような色合いで、小さな花が球状に集まる。各小花は釣鐘型で先端が5~6つに裂け、5~6本ある雄しべが突き出す。雌しべは一つで、その先端は二つに裂ける。

 

・花の後には長さ1.5~2センチの楕円形の果実ができ、夏~秋になると褐色に熟す。

 

・幹は直径1mほどに達し、材木はハルニレに混じって「ニレ材」として流通し、家具材、薪やパルプに利用される。ただし、年々その数は減っている。

 

・経年と共に樹皮は縦に裂け、下からめくれる。樹皮は繊細かつ丈夫であり、かつてアイヌの人々はこれを採取して繊維を作り、「厚司織(アツシオリ)」を縫って普段着としていた。

 

【オヒョウの育て方のポイント】

・寒さに強く、基本的には丈夫で育てやすい。ただし、暖かい地方では病害虫の被害に遭いやすい。

 

・枝の出方が粗雑で樹形を整えにくい。また、最終的には直径1m近い大木となるため、家庭で育てる場合は芯を止める(幹を途中で切断する)必要がある。また、根が深く張るため移植が難しい。 

 

・自生は沢沿いの斜面で、湿気と養分のある土を好む。

 

・葉はエゾヨスジワタムシによる「虫こぶ」ができて見苦しくなることがある。 

虫えい
葉にできた「虫こぶ」の様子

 

【オヒョウに似ている木】

 ハルニレ  アキニレ  シナノキ

 

オヒョウの基本データ

 

【分類】ニレ科 ニレ属

    落葉広葉 高木

【漢字】於瓢(おひょう)

【別名】アツシノキ/アツシ

    アツニ/オヒョウニレ

    ネバリジナ/ヤジナ/アッシ

【学名】Juglans sieboldiana Max.

【英名】Manchurian Elm

【成長】早い

【移植】困難

【高さ】20m~25m

【用途】公園

【値段】1000円程度