庭木図鑑 植木ペディア  > オカメザクラ

オカメザクラ(阿亀桜)

Okame-zakura(Japanese blooming cherry)

岡目桜,おかめざくら
花は小さくて、色が濃いのが特徴
オカメザクラの花,特徴,樹高
花言葉は「しとやか」「高尚」など
ピンクが濃い早咲きの桜
花は開ききらず、直径は2センチほど
大きくならないサクラ
樹高は最大でも3mほどで扱いやすい
大きくならないサクラ
樹皮には横筋の模様が入る

【オカメザクラとは】

 

・早咲きのサクラの一つで、1947年にカンヒザクラマメザクラ(富士桜)をイギリスで交配して作ったものが逆輸入された。花色が濃くて華やかでありながらも、樹高が大きくならないことから、人通りの多い場所の街路樹や狭い庭のシンボルツリーとして使われる。

 

・原種となるサクラは日本のものだが、これを作出したのはイギリスの園芸界で「チェリー・イングラム」として知られるコリングウッド・イングラム氏。彼は日本の桜に惚れ込む一方、関東大震災後に近代化が進む日本を憂い、多様な日本のサクラをイギリスの自宅で保存しようと活動した。

 

・オカメザクラの開花時期は普通、3月中旬~下旬だが地域や天候によっては2月下旬から4月上旬になる。カンザクラより1ヶ月ほど遅く、ソメイヨシノより2週間ほど早い。名所としては神奈川県小田原市の根府川、京都の長徳寺、大阪の鶴見緑地、東京日本橋のあじさい通りなどがある。

 

・同じ時期に咲くピンクのサクラにはカワヅザクラカンヒザクラオオカンザクラなどがあるが、花はそれらよりも遥かに小さく、直径は1~1.5センチほど。本種を見慣ない人が、「モモかな?ウメかな?アンズかな?」というほど、サクラには見えない。花の小ささを生かして盆栽にすることもある。

 

・花は一重で花弁は5枚。花色はやや紫がかった濃いめのピンク色で下向きにつき、花弁が完全に開ききらないのが特徴。花の基部の「萼」と呼ばれる部分はカンヒザクラと同様に紅色が濃い。花の後には稀にサクランボができるが、繁殖はほぼ接ぎ木による。

 

・オカメザクラの新芽は赤く、花が終わると開き始める。葉も長さ3~5㎝、幅1~3㎝ほどと小さめで、先端が尖り、マメザクラのそれに近い。

 

【育て方のポイント】

・日当たりと風通し、そして水はけのよい肥沃な場所を好む。

 

・苗木を植えても、開花までは3年ほどかかる。

 

・寒さには強い方だが、植栽の適地は東北地方以南となる。

 

・他のサクラに比べれば枝が横に突き出しにくいものの、樹齢を重ねれば邪魔な枝が生じる。剪定はあまり好ましくないが、不要な枝は冬季に根元から取り除く。

 

 

・花にはメジロやムクドリが集まり、食害することがある。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花木 庭木の苗/桜:おかめ桜(オカメザクラ)接木苗4〜5号ポット
価格:1820円(税込、送料別) (2019/3/17時点)

楽天で購入

オカメザクラの基本データ

 

【分類】バラ科 サクラ属

    落葉広葉 小高木

【学名】Prunus incamp cv. Okame

【別名】チチブベニザクラ/オカメ

【成長】やや早い

【移植】難しい

【高さ】2m~3m

【用途】花木/シンボルツリー/盆栽

【値段】2、000円~