庭木図鑑 植木ペディア  > オオバベニガシワ

オオバベニガシワ(大葉紅柏)

Ohba-benigashiwa

薄いピンクの葉の木,何
派手な葉は「あれ何の葉っぱ?」と話題になりやすい
オオバベニガシワ,花
新芽と雌花の様子
オオバベニガシワ,あかめがしわ
新葉と雌花の様子
おおばべにかしわ,育て方
雄花の様子
オオオバベニガシワ,育て方
葉は大きなハート型で始めはピンクだが・・・
オオバアカメガシワの木,葉
5月には緑色になる 
ピンク色の葉っぱの木
樹高は最大で3mほど
oobabenigasiwa
樹皮の様子

【オオバベニガシワとは】

・中国東南部を原産とするトウダイグサ科の落葉樹。日本へ渡来した時期は不明だが、観賞用に植えられたものが野生化し、暖地では自生しているかのように分布する。

 

・在来のベニガシワ(=アカメガシワ)に似て、より大きな葉を持つことからオオバベニガシワと命名された。オオバアカメガシワともいう。端午の節句に餅を包むカシワとの関係はない。

 

・新芽の紅色や若葉のサーモンピンクが美しく、特にゴールデンウィークの頃は話題になりやすいが、新葉は半月ほどで緑色になる。

 

・葉は枝から互い違いに生じ、直径15~25センチほどのハート型になる。葉の両面とも葉脈に沿って短い毛が密生し、あまり目立たないが、葉の縁にはギザギザがある。秋には紅葉するが春の新葉に比べると色合いは地味に見える。

 

・4~5月にかけて咲く花には雌雄がある。雄花はヒトデのような形をした黄色い小花で、多数が泡を吹いたように咲く。雌花は画像のように紅色の糸を持った珍妙な形になる。雌雄同株で開花しやすいが、雌雄ともに小さな花であり、派手な葉の陰になって目立たない。

 

【育て方のポイント】

・丈夫な性質を持ち、土質を選ばずに育つ。根元付近から枝を順次発生させ、株立ち状になるのが普通。

 

・枝を広げないため狭い庭でも管理しやすいが、葉が大きくなることや春先は葉の色が派手になることから、他の庭木とは調和しにくい。単独で植えるのがよい。和風よりは洋風住宅に適する。

 

オオバベニガシワの基本データ

 

【分類】トウダイグサ科/オオバベニガシワ属

     落葉広葉/低木

【学名】Alchornea trewioides

【別名】オオバアカメガシワ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】1m~3m

【用途】カラーリーフ/花材

【値段】2000円~