庭木図鑑 植木ペディア > ウラジロウツギ

ウラジロウツギ

漢字表記:裏白空木(うらじろうつぎ)

別  名:─

学  名:Deutzia maximowicziana

英  名:Urajiro utsugi tree

     Japanese snowflower

うらじろうつぎ,植木
葉の裏側が白っぽくなるのでウラジロウツギ
空木の種類
新葉の様子
urajiro utsugi
葉は長さ3~8センチほどで先が尖る
京都にあるウツギの木
葉は枝から対になって生じる(裏面)
うらじろうつぎ,開花時期
開花は5~6月
裏白空木,特徴
花は下向きに咲く
urajiro utugi
ウツギとは枝の色合いが多少異なる
樹形
樹高は最大で2mほど
Japanese snowflower
ウツギよりも枝数が多くなる

【ウラジロウツギとは】

・長野県以西の本州及び四国に分布するアジサイ科の落葉低木。ウツギは日本全国に分布するが本種は暖地に多く、京都を含めた関西地方の山野ではウツギよりも一般的に見られる。

 

・一見するとウツギと相違ないが枝は細くて数が多く、褐色を帯びた紫色になり、全体に星状毛と呼ばれる細かな毛が多い。特に葉の裏面には密生し、灰白色に見えるためウラジロ(裏白)ウツギと名付けられた。

 

・葉は長さ3~8センチ、幅2~4センチの長楕円形で先端が尖り、縁には不規則に浅いギザギザがある。表面は淡い緑色で、質感はウツギよりもやや薄く、指で触れるとザラザラする。

 

・開花はウツギと同様の5~6月だが、ウツギよりもやや早く咲く。花には5枚の花弁と5本の雄しべが目立ち、円錐状に密生して下向きに咲く。

 

・樹皮は灰色で樹齢を重ねると縦に剥離する。

 

・俳句などで詠まれる「卯の花」はウツギの花の略称。幹が空洞であることによる「空木」と、材で釘を作ったことによる「打つ木」に由来するという説、また、卯月に開花することによるという説がある。

 

【育て方のポイント】

・基本的には湿気のある日向を好むが、ウツギ同様に丈夫な性質を持ち、他の草木が育ちにくい乾燥地にも育つ。

 

・病害虫に強く、土質もあまり選ばない。ただし、栄養の乏しい場所では花つきが悪い。

 

・小枝が密生しやすく、歳月を重ねると風通しも悪くなるため、定期的に剪定するのが望ましい。芽を出す力は強く、根元で全てを切除しても再生する。

 

【ウラジロウツギに似ている木】

 ウツギ ヒメウツギ マルバウツギ

ウラジロウツギの基本データ

 

【分類】アジサイ科/ウツギ属

    落葉広葉/低木

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】1~2m

【用途】庭木/花材

【値段】1500円~

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

迷った時の花辞典
価格:1851円(税込、送料無料) (2021/5/5時点)


前の木 ウラジロウツギ 次の木