庭木図鑑 植木ペディア > ウスノキ

ウスノキ(臼の木)

Usunoki

臼の木の花
ウスノキはスノキの仲間で、果実に特徴がある 
うすのき,特徴
葉に細かな毛がある点がスノキとの違い(若葉)
臼の木
ウスノキの花
スノキの仲間
名前の由来となる臼型?の果実
うすのき,特徴
樹高は最大でも1mほど
ウスノキ,紅葉
暖地ではあまり綺麗に紅葉しない
usunoki
ウスノキの幹の様子

【ウスノキとは】

・沖縄を除く日本全国に分布するツツジ科の落葉低木。果実の先端がくぼんで、餅付きの臼(ウス)のような形になるため、ウスノキと名付けられた。山地の林縁に多い。

 

・開花は4~5月で、緑がかった白の花に淡いピンクの筋が入る。直径6ミリほどで目立たないが、よく見ると可憐で美しい。花は釣鐘型で花の先端は5つに裂けて反り返る。

 

・花の後にできる果実は直径8ミリほど。赤く熟し、酸味があるものの生で食べられる。黒い実ができるスノキに比べると角ばっているいるため、「角実の酢の木」という別名がある。

 

・葉は長さ2~4センチの卵形で先端が尖り、葉の縁には鈎状の細かなギザギザがある。また、若い枝には二列に並んだ短い毛があるのが基本だが、葉の形状や毛の有無に変異が多く、識別が難しい。寒冷地ではブルーベリーのように綺麗に紅葉する。

 

【育て方のポイント】

・自生は日当たりの良い山地の岩場であり、日陰や水はけの悪い場所は好まない。半日陰程度なら開花、結実する。

 

・花や実は前年度に伸びた枝にできるため、春先に剪定するのはNG。

 

【似ている木】

スノキ 

ナツハゼ

・クロマメノキ

シャシャンボ

アクシバ

ブルーベリー

ウスノキの基本データ

 

【分類】ツツジ科/スノキ属

    落葉広葉/低木 

【学名】Vaccinium hirtum Thunb.

【別名】カクミノスノキ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】~1m

【用途】花木/果樹

【値段】1,200円~