庭木図鑑 植木ペディア > ウグイスカグラ

ウグイスカグラ/うぐいすかぐら/鶯神楽

Uguisukagura tree

(species of honeysuckle)

ウグイスカグラの木
真岡大前神社ではこの木の近くで神楽が見られる
ウグイスカグラ,うぐいすかぐら
冬芽の様子
ウグイスカグラ 葉っぱ
新芽の様子
開花時期,うぐいすかぐら
新葉は花と共に展開する
鶯の木,花,画像
実物はかなり小さい
うぐいすかぐら 植木
花言葉は「未来をみつめる」
ウグイスカグラ,うぐいすかぐら,葉っぱ
新芽は紅紫色になることもある
鶯神楽,庭木,画像
ウグイスが隠れるほど枝葉は密生するという
ウグイスカグラ,うぐいすかぐら,赤い実,生食
初夏にできる実は、甘みがあって食べられる
鶯神楽,葉っぱ,庭木図鑑
夏に向けて葉はどんどん大きくなる
鶯神楽,うぐいすかぐら,庭木図鑑
樹皮の様子
鶯神楽の木
樹齢を重ねるとこんな感じになる
うぐいすかぐら,狂い咲き
1~2月の極寒の中、ポツリと咲くことも

【ウグイスカグラとは】

・北海道南部、本州、四国及び九州に分布するスイカズラ科の落葉低木。野山の林縁に自生し、かつては茶庭で稀に使われる程度であったが、主張し過ぎない花や赤い果実が尊ばれ、雑木ブームとともに庭木として利用される機会が増えてきた。

 

・ウグイスカグラの開花は3~4月頃で、葉の展開と同時。枝先にある葉の脇から伸びた細い柄に、ラッパ型をした花が一輪ずつ下向きに咲く。花はややくすんだピンク色で先端が5つに裂け、開花が進むにつれて平らに開くと5本ある雄しべの黄色い葯が目立つようになる。

 

・初夏に赤く熟すグミのような実は甘みがあって生食できる。地方によって、アズキグミ、アズキイチゴ、マメイチゴなど様々な名前で呼ばれる。果実は直径1センチほどで、細長い柄にぶら下がる。

 

・葉は楕円形で毛はなく、枝から対になって生じる。春先は長さ1cm程度だが夏にかけてどんどん大きくなる。若い葉は縁が赤紫色を帯びることもある。

 

・ウグイスカグラという雅な名の由来には諸説あるが、ウグイスがこの木の茂みに入り込んで隠れる様や、ウグイスがこの木の枝を渡り歩く姿を「神楽舞う」としたこと、あるいはこの木がウグイスを狩る場(かつては身分の高い人の狩場を狩座(かぐら)と呼んだ)になったことなどによる。また、ウグイスが鳴く頃に開花するため、ウグイスノキという別名もある。

 

【ウグイスカグラの育て方のポイント】

・ウグイスが枝の間に隠れるほど、徒長枝やひこばえが数多く発生する。剪定によく耐えるが、やたらに剪定すると風情がなくなるため、冬季に不要な枝を根元から切除するにとどめたい。

 

・日当たりと水はけの良い場所を好むが、適応力はあり、比較的土質を選ばずに育つ。

 

・白花と紅花が混同されて販売されることが多い。

 

・落葉の前の葉がやや見苦しい。

 

・繁殖は挿し木、実生による。

 

【ウグイスカグラの品種】

・ヤマウグイスカグラ~農家の庭先などで見かける「グミ」と呼ばれる品種。ウグイスカグラに似るが、葉の両面に毛がある。ウグイスカグラはヤマウグイスカグラの変種とされる。

 

・シロバナウグイスカグラ~花が白い。

 

・ヒョウタンウグイスカグラ~実がひょうたん型になる品種

 

ミヤマウグイスカグラ

 花や実に毛が多い品種。名前のとおり深山に自生する。

 

【ウグイスカグラに似た花木】 

ヒョウタンボク

 同じスイカズラ属の落葉樹で美しい実がなるが、毒があって食べられない。別名はキンギンボクだが、ヨメコロシなど物騒な俗名がある。

ウグイスカグラの基本データ

 

【分類】スイカズラ科/スイカズラ属

    落葉広葉/低木

【漢字】鶯神楽(うぐいすかぐら)

【別名】ウグイスノキ/ゴリョウゲ/グミ 

【学名】Lonicera gracilipes

    var. glabra

【英名】Uguisukagura tree

       (species of honeysuckle)

【成長】早い

【移植】実生か挿し木によるのが一般的

【高さ】1m~3m

【用途】花木/公園/盆栽

【値段】1000円~