イモセ(妹背桜)

Imose(Japanese blooming cherry)

妹背,桜
紙で作った花のように花弁が幾重にも連なる
イモセザクラ,特徴
冬芽の様子
妹背桜,特徴
蕾と新葉の様子
平野妹背,珍しい桜,新しい桜
葉の様子(若葉)
イモセというサクラの特徴
葉の様子(初夏)
いもせ,桜
葉の裏面の様子

【イモセとは】

・オオシマザクラ系統に属するサトザクラの代表的な品種。花によっては雌しべが2本あり、果実も2個できることから、仲睦まじい男女を意味する古語の「妹背」を冠して命名された。

 

・京都府北区にある平野神社をルーツとするが、現在では他の地域にも広まっている。京都では他に地主神社など、サクラの名所である大阪の造幣局、東京の新宿御苑や上野公園等にも見られる。 

 

・開花は4月中旬から下旬で、ソメイヨシノが散って1週間ほど経ったころにあたる。蕾は濃いピンク色で花は紫を帯びたピンク色。花弁は20~50枚で外側の花弁は萼のようになっている。

 

・花は直径5センチほどの大輪だが、よく観察すると個体差が大きく、八重に咲くもの、花の中に花が咲く「段咲き」や「菊なり」になるものがあり、これによって珍桜とされる。

 

・開花とほぼ同時に茶色帯びた葉が展開する。葉は枝から互い違いに生じ、条件が良ければ秋に紅葉する。

 

【育て方のポイント】

・花を楽しむには日向に植える必要があるが、乾燥には弱い。特に夏の強い西日は苦手とする。

 

・最大樹高は10mほどだが、いわゆる徒長枝や、からみ枝が多く、樹形はまとまりにくい。剪定には弱く、下手に剪定すると樹勢が衰え、花数が減る。内部の枯れこんだ枝を切除する程度にとどめたい。

 

・他のサクラ類同様、日照と風通しの悪い場所では病害虫の被害に遭いやすい。病害虫は見つけ次第、枝葉ごと除去する。

イモセ(ザクラ)の基本データ

 

【分類】バラ科 サクラ属

    落葉広葉 高木

【学名】Cerasus serrulata ‘Imose’

【別名】平野妹背

【成長】早い

【移植】難しい

【高さ】3m~10m

【用途】公園/花木

【値段】3、000円~