庭木図鑑 植木ペディア > イボタノキ

イボタノキ/いぼたのき/水蝋の木

Privet

いぼたのき,開花時期
5~7月に咲く花には特有の香りがある
イボタノキ,いぼたのき,木,特徴
冬芽の様子
Japanese privet,leaf,picture
新芽の様子
イボタノキ,いぼたのき,葉っぱ
葉は長さ2~8センチほど(初夏の様子)
イボタノキ,庭木図鑑
枝葉は密生しないが、成長がとにかく早い
いぼたのき,ツボミ
できはじめの蕾の様子
いぼたろう,木
少しずつ大きく、白くなっていく
イボタロウ,樹木
イボタノキの花
イボダノキの花
花が進むと花冠が反り返り、雄しべが突出する
イボタノキ,樹木図鑑
イボタノキは、こうした田園風景にも
イボタロウ,木の実,名前
成葉と未熟な実の様子
fruits of Japanese privet,picture
実の直径は5ミリほどで、中に種が一粒ある
トスベリ,トバシリ,樹木
野鳥に人気がないのか、実は冬期も枝に残る
いぼたのき,植物
枝の様子
虫白蝋
樹皮の様子

【イボタノキとは】

・北海道から沖縄まで全国の野山に自生するモクセイ科イボタノキ属の半落葉樹。庭木としての利用は稀だが、丈夫な性質を利用してライラックなどの接ぎ木の台木に使われる。

 

・イボタノキという名前は、この枝に寄生するイボタロウカイガラムシの雄が分泌する白蝋を、イボ取りに用いたことによる。白蝋は生薬名を虫白蝋(ちゅうはくろう)といい、止血にも用いた。この白蝋を戸に塗ると滑りが良くなることから、トスベリ、トバシリという別名もある。

 

・葉は細長い楕円形で縁にギザギザはなく、両端は丸みを帯びる。萌芽力が強く刈り込みに耐えるため、垣根として利用されることがある。

 

・開花は5~7月で、その年に伸びた新枝の先に、長さ2~4センチの花序(花の集り)を出し、ネズミモチなどによく似た白い小花を10~20輪ずつ咲かせる。花は漏斗型と呼ばれるタイプの花で、その先端は四つに裂け、短い雌しべが1本、花冠から少しはみ出す程度の長さの雄しべが2本ある。

 

・花の後には直径5ミリほどの楕円形の果実ができる。でき始めは淡い緑色だが、11月ころになると黒紫色に熟し、冬の間も枝に残る。

 

・イボタノキの漢字表記は「水蝋樹」だが、中国でいう水蝋樹は別種であり、誤用が定着したものとされる。

 

【イボタノキの育て方のポイント】

・土質を選ばず、痩せ地でも育つ。

 

・半日陰でも耐えるが、日照不足の場合、葉がまばらになる。

 

・基本的には丈夫で病害虫に強いものの、時折ハマキムシの被害が見られる。

 

・剪定にはかなり耐える。

 

【イボタノキの品種等】

・フイリイボタ

 「斑入り」であり、葉に白い模様が入る。

 

オオバイボタ

 福島県以西の本州、四国及び九州に分布する品種で、名前のとおりイボタノキよりも葉が大きい。

 

・オキナワイボタ

 沖縄の海岸沿いに見られる常緑性のイボタノキ。イボタノキよりも葉は小さいものの樹高はより高くなる。コバノタマツバキ、コバノオキナワイボタ、アマミイボタといった別名もあるが、当地ではハグマと呼ぶ。 

イボタノキ,プリペット
葉に白い模様が入るフイリイボタ
オオバイボタ,画像
オオバイボタは文字どおり、葉が大きい
ハグマの木,沖縄
オキナワイボタは常緑性で、葉が小さい

 

【イボタノキに似た木】

プリペット

 イボタノキの近縁種で近年、庭木としての人気が高い。イボタノキは半落葉性だが、プリペットは関東以西であれば冬でも葉を残す。

 

ネズミモチトウネズミモチ

 庭木として多用される常緑樹。葉の大きさは全く異なるが、花や実の様子、木の性質はイボタノキに似る。 

 

・イボタヒョウタンボク

 枝葉がイボタノキに似るスイカズラ科の落葉低木。山梨、静岡、長野の山地に自生し、ヒョウタン型の赤い実ができる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黄金イボタノキ(オウゴンイボタの木)
価格:1320円(税込、送料別) (2021/4/24時点)

楽天で購入

イボタノキの基本データ

 

【分類】モクセイ科/イボタノキ属

    落葉広葉/低木

【別名】イボタ/イボタロウ

    イボトリノキ/トバシリ

    トスベリ

【学名】Ligustrum obtusifolium

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】2m~5m

【用途】垣根/公園/台木

【値段】1000円~