庭木図鑑 植木ペディア > アーモンド

アーモンド/あーもんど

Almond tree

アーモンドの花,画像
花は豪華なサクラといった感じだがモモの仲間
almond tree,flower
蕾の様子
アーモンドの木の花
咲き始めはピンク色が濃い
almond flower,picture
アーモンドの花言葉は「希望」など
ALMONDの葉っぱ
葉の様子(雨上がり)
almond fruits
実の様子
アーモンドの木を植える
アーモンドはつまり「桃の種」
あーもんどの木,植物
樹皮の様子

【アーモンドとは】

・西アジアを原産とするバラ科の落葉樹。風味のある種子はナッツとして食用になり、世界各地の温帯で栽培される。あまり知られていないがモモの近縁種であり、春に咲く花に観賞価値があるため、実用もかねて庭木として使われる機会が増えてきた。

 

・開花はモモと同じ4月上旬。花びらは5枚で端に切れ込みがある。咲き始めの花は花弁の縁のピンク色が目立つが、開花が進むにつれて全体に淡いピンク色となる。野生種の花は一重だが、多くの変種があり、八重咲き種もある。

 

・葉はモモと同じような細長い楕円形で、長さ4~10センチ、幅1~2センチほど。先端は尖り、葉の縁にはギザギザがある。サクラなどに比べると枝葉はまばらであり、幹は曲がって育つ。 

 

・果実は毛で覆われ、小さなモモといった感じだが、果肉は薄くて堅く、食用にならない。普段、我々が口にするアーモンドは種子に含まれる「仁」という部分。ビタミンEやオレイン酸を多く含み、アンチエイジングの健康食品として度々注目される。

 

・熟しきった果実は自然に開き、茶褐色の塊となった種子が現れ、長い間、枝に残る。また、アーモンドには種子の皮が硬い品種と、柔らかい品種があるが、いずれも果実ができやすい。

 

【育て方のポイント】

・商業栽培は地中海沿岸やアメリカ西海岸沿いが中心であり、基本的には乾燥地を好むが、日本全国で栽培できる。高温多湿には強いが、やや寒さに弱いため、早春に霜が降りるような環境の場合は霜対策をした方が無難。

 

・日当たりと水はけの良い場所を好み、風通しの悪い場所や日陰地では病害虫の被害に遭いやすい。

 

・収穫が梅雨と重なる場合、害虫の被害を受けることがある。果実が自然に割れ次第、早めに収穫した方がよい。

 

・雌雄同株であり、果実はできやすいが、品種によっては単独で受粉しにくいこともある。そうした場合、複数の木を植えたり、近くにハナモモを植えたりすると収量が安定する。 

アーモンドの基本データ

 

【分類】バラ科サクラ属

     落葉広葉/低木 

【学名】Prunus dulcis

【別名】扁桃(ヘントウ)

    巴旦杏(ハタンキョウ)

【成長】やや早い

【移植】やや難しい

【高さ】m~5m

【用途】花木/果樹

【値段】2000円~