アンズ/あんず/杏

Common apricot

梅に似ている花 木 アプリコット 花
花はウメに似るが、より大きく、花数も多い 英名はアプリコット
杏の木,あんず
冬芽の様子
アンズ,あんず,開花時期,特徴
ツボミの様子
杏子,開花時期
開花は3~4月
あんず,果樹,花
花はウメやモモより派手で大きい
杏,あんず,木,画像
樹高は10mほどになる
アンズ,葉っぱ,画像
ウメに似た葉が枝から互い違いに生じる
apricot tree
花や実がなければ見分けにくい
杏子,あんず,食べる,実,アンズ
アンズの実には縦に割れ目が入る
杏の木の皮
比較的若い木の幹の様子
アンズ 幹 画像
樹皮の様子

【アンズとは】

・中国北部及びモンゴル周辺を原産とするバラ科アンズ属の落葉小高木。果樹あるいは花の観賞を目的として全国で栽培されるが、商用アンズの生産は長野県が多く、山形県と山梨県がそれに次ぐ。

 

・日本に渡来したのは奈良時代で、平安時代には薬用植物として栽培されていた。当初は「中国の桃」を意味する「カラモモ(唐桃)」と呼ばれており、万葉集にも唐桃として登場する。アンズと呼ばれるようになったのは江戸時代に入ってからのこと。近年ではアプリコットという英語名の方が一般的か。

 

・3~4月に咲く花は、果樹の中では群を抜いて美しい。ウメやスモモに似るがこれらよりも大きく、花数も多い。花が咲くのは葉が展開する前で、5枚ある花弁は円形で、淡い紅色になるのが基本。1本の雌しべ(花柱)を多数の雄しべが囲んでおり、短い花柄がある。

 

・アンズの実は初夏に黄熟し、6~7月に収穫される。果肉は酸味が強いため、生食用のアンズは稀であり、ジャム、シロップ漬け、果実酒、ドライフルーツといった加工品として利用される。

 

・アンズの種子は生薬名を「杏仁(キョウニン)」といい、咳止めや点心料理の杏仁豆腐に使われる。種子は核の中にあり、核は果肉から離れるようにできるのが特徴。

 

・学名には旧ソ連のアルメニア共和国の名が使われているが、これはヨーロッパに初めて伝わった際、アルメニア産だと勘違いされたことに由来する。

 

【アンズの育て方のポイント】

・寒さに強く、空気が乾燥した寒冷地を中心に栽培される。栽培適地はリンゴと同一。夏の気温が高いところでは早々に落葉する。

 

・日当たりを好み、日陰では生育が悪い。また、水はけの良い肥沃な土地を好む。 

 

・実付きをよくするためには芯を止め、短い枝を数多く残すようにして、なおかつ人工授粉を行う。上手に管理すれば毎年たくさんの収穫を楽しむことができる。

 

【アンズの品種】

・栽培品種にはヨーロッパ系と東アジア系のものがあるが、家庭用としては「甚四郎」「新潟大実」「平和」といった品種が向いている。また、花が白いシロアンズもある。 

 

【アンズに似ている木】

 ウメ スモモ モモ 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【新潟大実あんず】 1年生 接ぎ木 苗木
価格:1538円(税込、送料別) (2021/4/24時点)

楽天で購入

アンズの基本データ

 

【分類】バラ科/アンズ属

    落葉広葉/小高木

【漢字】杏/杏子(あんず)

【別名】カラモモ/アプリコット

【学名】Prunus armeniaca 

【英名】Common apricot

【成長】早い 

【移植】簡単

【高さ】3m~15m

【用途】花木/果樹/シンボルツリー 

【値段】1000円~