庭木図鑑 植木ペディア > アジサイ

アジサイ(紫陽花)

Hydrangea

紫陽花の種類
花言葉は「移り気」 別名は「七変化」など
紫陽花の新芽 画像
アジサイの冬芽
紫陽花の葉っぱ 画像
日本のアジサイは葉がテカテカしている
葉っぱ
寒くなると赤や茶色になり、やがて落葉する

【アジサイとは】

・日本原産のガクアジサイを原種とするアジサイの総称。欧米を中心として世界中に広がり、交配が簡単であるため多色多様の品種が生み出された。

 

・花の基本色は青紫だが、酸性土壌では青が強く、アルカリ性土壌では赤味が強くなるといわれる。なお、花と呼んでいるのは本来の花ではなく「萼(がく)」。本当の花はその中心にある微小なもの。萼の色が緑→白→青→茶色などと順次、変わる様から「七変化」との異名を持つ。

 

・アジサイという名は「アズサイ」が転訛したもの。「アズ」は「集める」を、「サイ」は「真の藍」を意味し、藍色の花が集まった様子を表す。漢字名は「紫陽花」を使うことが多いが、中国に渡って様々に名付けられ、「八仙花」、「天麻裏花」、「粉団花」、「洋繍花」など数多くのバリエーションがある。

 

・乾燥させた若葉をフリカケにして食べた地方があったり、乾燥させた花を解熱剤にした時代があったりと、アジサイは実用的に使われる面もあった。しかし、セイヨウアジサイの花や葉には有毒物質が含まれ、腹痛、嘔吐、めまいを引き起こすこともある。

 

【育て方のポイント】

・直射日光を好まない「陰樹」であり、日陰~半日陰が植栽に適する。ただし、セイヨウアジサイは日向でもきれいに育つ。 

 

・やや湿った肥沃な土地を好み、日照りが続くと葉に元気がなくなる。(西洋アジサイは水はけの良い場所を好む。) 

 

・病害虫に強い。 

 

・刈り込みに耐えるが、タイミングを考えないと、翌年の花が咲かない。また、花を大事に育てると、年々大きくなって手に負えなくなる。このため剪定のタイミングが難しい木でもある。

 

・寒さの厳しい場所では花つきが悪くなることもある。

アジサイの品種

アジサイの品種は年々増えており、その数は数千に及ぶとされています。また、花の色合いも白、水色、青、紫、紅色、ピンク色など基本的なものはありますが、いかんせん「七変化」ですので、分類は難しいです。ここではほんの一部をランダムに掲載しています。

白いアジサイ
ダンシングスノー
青いアジサイ 種類
ディープブルーマナスル

種類
ギャラクシー
紫陽花の品種
凛花

あじさい 図鑑
オタクサ
だんすぱーてぃー アジサイ
ダンスパーティー

アジサイ 特徴
バニラフレーズ
いろんなアジサイ
石化八重

アジサイ 品種
潤水
あじさい 仲間
ヨドガマ

Hydrangea,Variety
伊豆物語
Hydrangea,Variety
スターマイン

アジサイ 仲間
ジューンブライド
arigatou ajisai
ありがとう

Hydrangea,Variety
エリエールアニバーサリー
紫陽花 種類
さざなみ

白い紫陽花
パニキュラータ九州
パープルのあじさい
ピーチ姫

むらさきのあじさい
フラウニューカツコ
青い花のあじさい
フラウニュータイコ

青い花のあじさい
フラウノブコ
ブルーのあじさい
フラウヨシコ

ブルーの花
ポージーブーケ ケーシー
西洋紫陽花 品種
ポージーブーケビビアン

アジサイ 種類
ミセスクミコ
あおいあじさい
安行四季咲き

雲居鶴
雲居鶴
Variety of hydrangea
城ケ崎

緑色の花
大島緑花
しろいあじさい
霊峰の雪

アジサイの基本データ

 

【分類】ユキノシタ科/アジサイ属

     落葉広葉/低木 

【学名】Hydrangea macrophylla

【別名】ハイドランジア

    八仙花/七変化/手毬花

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】1.5m~2m

【用途】花木/公園/切花/鉢植え

【値段】500円~