庭木図鑑 植木ペディア > アカメガシワ

アカメガシワ/あかめがしわ/赤芽柏

Japanese Mallotus

新芽が赤い葉
名前の由来は、この赤い新芽にある
あかめがしわ,樹木
冬芽の様子
あかめがしわ,冬芽
芽出しの様子
あかめがしわ,樹木
新芽の様子
アカメガシワ,葉っぱ,特徴,あかめがしわ
成葉は軸と葉脈に赤みが残る
Japanese Mallotus,flower
花は地味だが、他の花が少ない時期に咲くのでよく目立つ
アカメガシワ,あかめがしわ,開花時期
花はよく見ると小さな黄色い花が集まってできている
あかめがしわ 特徴
樹高は10mほどになり、下枝はなくなりやすい
seeds,Japanese Mallotus
アカメガシワの実
赤芽かしわ,あかめがしわ
秋に黄葉するが、さほど美しくはない
アカメガシワ茶
健康食品のアカメガシワ茶は樹皮から作る

【アカメガシワとは】

・東南アジアの山地に見られるトウダイグサ科の落葉樹で、日本では北海道を除く全国の荒れ地や山地に分布する。晩春の芽吹きが紅色で、葉の形あるいは用途(後述)がカシワに似るとしてアカメガシワと命名された。

 

・新葉は生け花の花材として使われるが、基本的には雑草と共に藪の中にあるような木であり、人為的に植栽されるのは稀である。新葉と葉柄が赤く見えるのは、表面に星状の赤毛が密生するためで、夏には緑色に変わる。

 

・葉は長さ10~20センチ、幅6~15センチで長い柄があり、枝から互い違いに生じる。形状は環境や個体によって様々だが、若い木では葉の縁が浅く三つに裂けるものが多い。3本の葉脈が目立ち、両面とも細かな毛で覆われる。

 

・アカメガシワの葉はその大きさを利用して、神仏への御供え、団子や寿司を包むのに使われ、ゴサイバ(五菜葉)、サイモリバ(菜盛葉)」といった方言名が残る。若芽と新葉には独特な臭いがあるが、柔らかい時季であれば天婦羅やお浸しに、和え物にして食べることができる。

 

・雌雄異株で5~7月頃に穂状の花を咲かせる。雄花は画像のように雄しべがたくさんあって目立つが、赤い雌花は虫の触角のような形状で花らしさはない。

 

・雌花の後にできる果実は外側に柔らかな棘があるのが特徴。暗褐色の艶やかな色に熟すのは10月頃で、乾燥すると三つに裂け、中に含まれる直径4ミリほどの球形の種子によって容易に繁殖する。

 

・幹や枝の出方は直線的で面白みがないものの、「ヒサキ」の名で歌に詠まれ、いわゆる「万葉植物」に数えられる。若木の樹皮は白くて美しいが、樹齢を経ると灰褐色になり、浅い割れ目によって網目模様が生じる。

 

・幹の直径は最大30センチほど。材は建築や器具材に使われる。樹皮にはタンニン及びベルゲニンという苦味物質が含まれるが、胃潰瘍に効くとして注目を浴びた時期があった。今でも健康食品、ダイエット食品として「アカメガシワ茶」が売られている。

 

・民間療法では生の葉をつぶしたものが、腫れ、できもの、痛み止めなどに効くとする俗説があるが、これは漢方が日本に紹介された際、本種をキササゲと混同したことによるもの。

 

【育て方のポイント】

・伐採の跡地で真っ先に生える木の一つであり、非常に丈夫な性質を持つ。土質を選ばず、藪の中でも育つが、基本的には日向を好む。

 

・成長が早く、大木となりやすいが剪定で形を整えるのは難しい。幹は直立せず斜め上に開いて育ち、枝張りが大きくなりやすい。広大なスペースで放任して育てるのが理想的。

 

・一般家庭で庭木として使うような木ではないが、以下のような斑入り種は珍重される。

 

【アカメガシワの品種】

・斑入りアカメガシワ

 葉に模様が入る品種で園芸用として稀に流通する。

ヒサキ.アズサ,あかめがしわ
斑入りアカメガシワ

 

【アカメガシワに似ている木】

オオベニガシワ

 中国原産で美しい若葉を観賞するため庭木としてより積極的に使われる。

アカメガシワの基本データ

 

【分類】トウダイグサ科/アカメガシワ属

     落葉広葉/高木

【学名】Mallotus japonicus

【別名】ヒサキ/アズサ/ゴサバ

【成長】早い

【移植】難しい

【高さ】5m~15m

【用途】雑木/公園

【値段】2000円~