庭木図鑑 植木ペディア  > オオバボダイジュ

オオバボダイジュ(大葉菩提樹)

Ohba bodaijyu(Linden)

おおばぼだいじゅ 実
オオバボダイジュの実は秋に熟す
オオバボダイジュ 葉っぱ
名前のとおり、葉は大きい
おおばぼだいじゅ 特徴
樹高は20mほどになる
オオバボダイジュ 果実
シナノキの仲間では最大の「苞」を持つ
大葉菩提樹 画像
樹皮の様子

【オオバボダイジュとは】

・北日本の山地に分布するシナノキ科の落葉樹。庭木としての利用はシナノキボダイジュより少なく、北海道を中心に公園や街路で稀に見られる。

 

・オオバボダイジュの葉は長さ6~15㎝ほどの大きなハート型で、枝から互い違いに生じる。葉の裏面には白い毛が密生しており、真っ白に見える。秋には黄葉する。

 

・開花時期はボダイジュよりやや遅い6月~8月。シナノキやボダイジュと似たような花で、同じように芳香がある。シナノキの仲間に特徴的な「苞」と呼ばれるプロペラ状のものは、かなり大きくて目立つ。

 

・花の後にできる実は直径1センチほどで、ボダイジュよりもやや大きい。10月頃に黒く熟し、数珠に使われる。

 

・樹皮は紫がかった灰色で厚みがある。建材や器具材として使われるものの、ロープなどに使われるシナノキやボダイジュよりは強度が劣るという。

 

【育て方のポイント】

・土質を選ばず丈夫に育つが、基本的には湿気のある肥沃な土地を好む。

・樹形を小さく維持すると不自然な樹形になることから狭いスペースでの植栽はお勧めできない。

・暑さにやや弱く、植栽の適地は関東以北となる。

 

【品種】

・ノジリボダイジュ

 シナノキと本種の雑種で、北陸及び関東北部の一部地域に見られる。葉の裏がより白いのが特徴。

 

・モイワボダイジュ

 北海道に見られる品種で名前は札幌の藻岩山にちなむ。葉の裏に毛が少なく緑色に見えるもの。

 

【似ている木】

ボダイジュ

シナノキ

 

オオバボダイジュの基本データ

 

【分類】シナノキ科 シナノキ属

    落葉広葉 高木

【学名】Tilia maximowicziana

【別名】アオジナ

    オオシナノキ/オオバシナノキ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】10m~20

【用途】公園/街路樹

【値段】2000円~