庭木図鑑 植木ペディア > オオカンザクラ

オオカンザクラ(大寒桜)

Oh kanzakura(Japanese flowering cherry)

オオカンザクラ 花 画像
ソメイヨシノより少しだけ早く咲く
早咲きの桜 カンザクラ
花は濃いピンク色で、人目を惹く
オオカンザクラ 開花時期 特徴
花が終わりきらないうちに若葉が顔を出す
オオカンザクラ 葉っぱ
葉の様子(新緑)
オオカンザクラ さくらんぼ
オオカンザクラのサクランボ
大寒桜 画像 特徴
落葉が早く、葉の寿命は短い
大寒桜 幹
樹皮の様子

【オオカンザクラとは】

 

カンヒザクラオオシマザクラ(あるいはヤマザクラ)の交雑種。

 

・開花は3月下旬で、カンザクラよりも1ヶ月ほど遅く、ソメイヨシノよりも一週間ほど早い。

 

・花は一重の五弁で薄紅色、やや下向きにつき、完全に開かないのが特徴。

 

・寒桜よりも花がやや大きい(直径3センチ程度)ことからオオカンザクラと名付けられた。当初は発祥の地である埼玉県の安行にちなんで「安行寒桜」と呼ばれていた。

 

【育て方のポイント】

・他のサクラと同様に、枝を横へと広げるため、狭い庭にはあまり向かない。

 

・日当たりと水はけのよい肥沃な場所を好む。

 

・初夏から盛夏に乾燥が続くと、葉を落とすことがある。 

オオカンザクラの基本データ

 

【分類】バラ科 サクラ属

    落葉広葉 高木

【学名】Cerasus × kanzakura

       'oh-kanzakura'

【別名】アンギョウカンザクラ

【成長】やや早い

【移植】難しい

【高さ】5m~10m

【用途】花木/切花

【値段】2500円~