庭木図鑑 植木ペディア > エンコウカエデ

エンコウカエデ/えんこうかえで/猿猴楓

Enkou kaede

アサヒカエデ 紅葉
鮮やかに黄葉するエンコウカエデ
猿猴楓,えんこうかえで,葉っぱ
若木は葉の切れ込みがもっと深い
猿猴楓 特徴
樹高は20mほどになる
あさひかえで,えんこうかえで,木
黄葉または紅葉する
ennkoukaede
冬の様子
朝日楓 旭カエデ
材は硬く、材木としての用途も多い

【エンコウカエデとは】

・岩手県以南の本州、四国及び九州の太平洋側を中心に分布する落葉高木。イタヤカエデの一品種で、大木となるため庭木として使われることは少ないが、関東近郊の山々でも見掛けることができる。

・画像ではわかりにくいが葉の裂片が細長く裂ける様子や、5~12センチになる長い葉柄を「猿猴=テナガザル」に見立てて命名された(「猿の手の甲=猿甲」を語源とする説もある。)。

 

・葉の縁にはギザギザがなく、深く5~7つに裂けるのが普通で、樹齢が低いほどテナガザルのように細くなる。新芽はやや赤みを帯びるが季節の移ろいと共に緑色になり、秋になると画像のように黄葉し、かなり目立つ。

 

・開花期は春(4~5月)で、枝先から伸びた花序に雄花と両性花の両方が混在して咲くが、他のカエデ類同様に黄緑色の小さな花で目立たず、また、稀にしか咲かない。雄花は花粉の着いた多数の雄しべがあり、両性花では雌しべの周囲を退化した雄しべが取り囲む。花が咲けばその後、翼のある果実ができ、風によって拡散される。

 

・成長がかなり早いことや、材が重くて硬いことから床柱や器具材として使われる。

 

・イタヤカエデの若い木でも葉が深く裂けることがあり、本種と見分けるのが難しい場合が多い。両者を区別する必要はないとの説もある。

 

【エンコウカエデの育て方のポイント】 

・自生は山地の谷沿いに多く、基本的には湿り気のある肥沃な土地を好むものの、丈夫な性質を持ち、あまり環境を選ばずに育つ。ただし、綺麗な黄葉を見るためには日向に植える必要がある。

 

・耐寒性はあるものの、積雪の多い地方では育てるのが難しい。

 

・成長が早く、カエデの中でも巨木になる部類で、直径1mに達するものも見られる。このため大胆に剪定されることが多いが、夏場に大枝を切ると枯れこみやすい。

 

【エンコウカエデの品種】

・ウラゲエンコウカエデ~葉の裏面の主脈に毛が多く、遠目からは白っぽく見える。

 

【エンコウカエデに似た木】

 エゾイタヤ オニイタヤ アカイタヤ

エンコウカエデの基本データ

 

【分類】ムクロジ科/カエデ属

    落葉広葉/高木

【漢字】猿猴楓(えんこうかえで)

【別名】ナナバケイタヤ/アサヒカエデ

【学名】Acer pictum Thunb. subsp.

    dissectum (Wesm.)

【英名】Enkou kaede

【成長】かなり早い

【移植】簡単だが、実生で増やすことが多い

【高さ】3m~20m

【用途】公園/雑木の庭

【値段】1200円~