庭木図鑑 植木ペディア > エニシダ

エニシダ

Broom

エニスダ 花 画像
初夏に金色の輝きを放つエニシダの花
えにすだ はな
基本種は真っ黄色の花だが・・・
エニスダ 種類
園芸品種が豊富(画像はホオベニエニシダ)
エニシダ マメ 豆
果実は10月ころに黒く熟す

【エニシダとは】

・地中海沿岸を原産とするマメ科の半落葉性低木。江戸時代に中国を経由して日本へ渡来した。ホウキのような樹形に育つのが基本であり、ヨーロッパではその様子を魔女が使う箒に例え、エニシダが茂る家は主婦が強いとすると言い伝えがある。

 

・エニシダの開花時期は初夏(5~6月)で、マメ科特有の蝶々のような花が咲く。花の色は黄色が基本だが、赤が入る品種(ホオベニエニシダ)や乳白色が混じるものなど園芸品種は豊富にある。

 

・どことなく日本語風の名前の由来は、ラテン語の「genista(ゲニスタ)」にある。

 

【育て方のポイント】

・暖地性であるが北海道中部以南であれば植栽できる。

 

・日当たりの良い肥沃な土地を好むが、環境への適応力は高く、条件の悪い場所でも育つ。

 

・成長が早く枝葉がよく茂るため、広い場所に植えるか、頻繁に刈り込む必要がある。剪定には強い方だが、強度に刈り込むと枯れることもある。

 

・垣根などに使うこともできるが頻繁に刈り込むと花つきは悪くなる。また、半落葉性であり、関東以北では冬季に葉を落とすため、目隠しとして植えるには不向きである。

 

・枝葉がよく茂るわりには根の張りが浅いため、特に植え付けの初期には支柱を立てるなどして風害に備えたい。

 

【園芸品種】

・ホオベニエニシダ~花色が鮮やかなことに加え、耐寒性が高いため最も庭植えに適した品種。アカバナエニシダとも呼ばれる。

 

・八重エニシダ(セッカエニシダ)~葉が扁平した品種。白花エニシダと共に切り花として流通する。

 

・ヒメエニシダ~~小株でも花つきがよいため鉢植えに使われる。

 

【似たような花が咲く木】

ムレスズメ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

選べる6種 エニシダ 3.5号苗
価格:432円(税込、送料別) (2017/8/4時点)


エニシダの基本データ

  

【分類】マメ科/エニシダ属

     半落葉広葉/低木

【学名】Cytisus scoparius

【別名】エニスダ

【成長】かなり早い

【移植】やや難しい(根が荒い)

【高さ】1m~3m

【用途】洋風庭園/垣根/鉢植え/切り花

【値段】800円~