庭木図鑑 植木ペディア > ウリハダカエデ

ウリハダカエデ(瓜膚楓)

Melon-skin Maple

うりはだかえで 幹
マクワウリに似た若木の幹や枝の模様が名前の由来
開きたての葉の様子
開きたての葉の様子
芽鱗
若葉は「芽鱗」がかなり目立つ
ウリハダカエデ 幹
樹齢を重ねると「瓜膚」ではなくなる
うりはだかえで 種類
ウリハダカエデには変種が多い(画像は斑入りウリハダカエデ)

【ウリハダカエデとは】

・本州、四国及び九州の山地に見られるカエデの仲間。開けた斜面や谷筋に多い。

 

・葉は直径12センチ前後でカエデ類の中では大きめ。3つから5つに裂けるのが普通だが、裂け目が浅いなどの変種が多い。紅葉は遅いが明るめの赤や黄色で、葉が大きいぶん目を惹く。

 

・花期は5月~6月で、葉の展開と共に黄緑色の小花が十数個ぶら下がるように咲く。あまり目立たず、「遠慮」や「自制」といった花言葉がある。

 

・10月頃に熟す実はスダレのようになり、その様子の面白さから生け花の脇役として使われる。

 

・ウリハダカエデの葉は食用になる。また、材は白くて美しく箸や紙の原材料になる。紐状に枝の細片は篭や縄を編むのに使われる。

 

【育て方のポイント】

・放置されたような山林に勝手に生える丈夫な木であり、特段の配慮はいらないが、他のカエデ類と同様に湿気のある日向を好み、半日陰では枝葉がまばらになる。

 

・成長がかなり早い上、剪定を好まないため狭い庭には向かない。

 

【品種】

・フイリウリハダカエデ、初雪カエデなど、葉に白い斑が入る品種が知られる。

 

【似ている名前の木】

ウリカエデ~葉が三つに裂けない

ウリハダカエデの基本データ

 

【分類】ムクロジ科/カエデ属

    落葉広葉/高木

【学名】Acer rufinerve

【別名】メウリノキ/メウリカエデ/シラハシ

【成長】かなり早い

【移植】簡単

【高さ】8~12m

【用途】公園/シンボルツリー

【値段】800円~3000円