庭木図鑑 植木ペディア > アマチャ

アマチャ(甘茶)

Sweet Hydrangea

甘茶 原料
花まつりに使う甘いお茶はこれで作る
アマチャ 花の色 特徴
装飾花は薄紫から薄紅に変わる
アマチャ 種類
天城アマチャは白い花が咲く
甘茶の種類
オオアマチャ(大甘茶)は青紫色

【アマチャとは】

・日本各地で栽培されるアジサイの仲間。自然界に自生はなく、園芸品種に限られるという説と、稀に自生するという説がある。乾燥させた葉は煎じて飲むと甘味があり、これを釈迦の誕生を祝う灌仏会(花まつり)に使うことで知られる。

 

・生の葉には甘味がなく、夏から秋の葉を陰干しして発酵させた後、よく揉んで更に乾燥させると、フイロズルチン(フィロズルシン)という物質の作用によって甘味が出る。灌仏会に限らず、甘味料として使うことができるため家庭に植えられてきた。醤油の味付け、糖尿病患者向けの砂糖の代替品として使うことができる。

 

・ヤマアジサイに似るが、アマチャの葉は赤紫色を帯び、長さ10センチ弱の楕円形でヤマアジサイより小さい。また、アマチャの花(萼片)は淡い紫から紅色に転じるが、ヤマアジサイは個体によってピンク、紫、白、藍色と多様になる。

 

【育て方のポイント】

・性質はアジサイと同様で直射日光を好まない。日陰~半日陰が植栽に適する。

 

・やや湿った肥沃な土地を好み、日照りが続くと葉に元気がなくなる。

 

・病害虫に強い。 

 

・剪定に強いが、アジサイほど大きくならず、枝が細いため管理しやすい。

 

・株分け、実生でふやすことができる。

 

【品種】

・オオアマチャ

 アマチャよりも枝葉が大きく、花(萼片)は青紫色になる。

 

・アマギアマチャ

 伊豆の天城山を中心に分布するアマチャの一種で、白い花が咲く。葉の幅はアマチャよりも狭く、生でも甘味があるのが大きな特徴。ちなみに天城山(甘木山)という名前はそもそもこの木にちなんで名付けられたという。

 

【似ている木】

・ヤマアジサイ 

アマチャの基本データ

 

【分類】ユキノシタ科/アジサイ属

     落葉広葉/低木 

【学名】Hydrangea macrophylla

    var. thunbergii

【別名】コアマチャ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】0.7m~1m

【用途】花木/甘味料/切花/鉢植え

【値段】500円~