庭木図鑑 植木ペディア > アブラツツジ

アブラツツジ(油躑躅)

Abura-tsutsuji

油ツツジ 花 画像
花はドウダンツツジに似るが花茎が長い
アブラツツジ 葉っぱ
葉は枝先に車輪状に生じる
あぶらつつじ 特徴
葉の裏が油っぽいのが、名前の由来
ヤマドウダン 木 葉っぱ
蕾の様子
開花時期 特徴
開花は5~6月ころ
あぶらつつじ 紅葉 黄葉
紅葉と実の様子
やまどうだん 画像
高さ2m程度まで育つ
ホウキヤシオ 木
冬芽の様子

【アブラツツジとは】

・中部地方以北の山地に分布するドウダンツツジの仲間。新緑、花、紅葉のいづれも美しく、主に山間の庭などで用いられる。

 

・葉の裏が油っぽくピカピカしているのが名前の由来。葉の裏を指で触れれば油が手に残るが、不快なほどではない。

 

・5~6月に咲く花は釣鐘型でドウダンツツジに似るが、画像のとおり花茎が長く垂れ下がるのが特徴。

 

・秋にできる実は花と同じように垂れ下がる。紅葉はひときわ美しく、山中でもよく目立つ。陽射しによっては蛍光色のように紅葉して見えることもある。

 

・規則的に生じる枝は、庭掃除用のホウキを作るのに適している。このため別名をホウキヤシオという。

 

【育て方のポイント】

・原産地は日向の岩場などが多く、土質はあまり選ばないものの、山地性であり、温暖かつ風通しの悪い都市部で育てるのは難しい。

 

・ドウダンツツジのように刈り込んで管理することもできるが、葉がより大きいため見苦しくなる。また、花はその新年度にできた枝に咲くため、春先に刈り込んではいけない。広い場所で放任気味に育てるのがよい。

 

【似ている木】

 ドウダンツツジサラサドウダン

アブラツツジの基本データ

 

【分類】ツツジ科/ドウダンツツジ属

    落葉広葉/低木

【学名】Enkianthus subsessilis

【別名】ホウキヤシオ/ヤマドウダン

【成長】やや遅い

【移植】難しい

【高さ】1m~3m

【用途】紅葉/雑木の庭

【値段】1500円~