庭木図鑑 植木ペディア > ミヤマビャクシン

ミヤマビャクシン/みやまびゃくしん/深山柏槙

Chinese juniper

深山ビャクシン 画像
天然のミヤマビャクシンは少ない
みやまびゃくしん,シンパク,庭木
枝は横に広がる
真柏の木,盆栽
新葉の様子
深山びゃくしん,葉っぱ,画像
ミヤマビャクシンの葉
真柏 盆栽 画像
盆栽では「シンパク」と呼ばれる
bonsai,sinnpaku
ミヤマビャクシンの盆栽
しんぱく,木
成長が遅く、樹皮には蘚苔類が付着しやすい

【ミヤマビャクシンとは】

イブキ(ビャクシン)の変種で、北海道から屋久島までの高山の岩場、海岸などに分布する。

 

ハイビャクシンと似たように幹は直立せず、曲がりくねる。枝は横へ広がり、葉は密生する。葉は鱗型と針型の二つの形状が混在するが、樹齢を重ねるに従って鱗型が多くなる。

 

・風の強い岩場など、過酷な環境に耐える力強さが買われ、盆栽としての人気が高い。盆栽として使われるのは樹齢を重ねた鱗型の細い葉を持つ個体で、かつて高山で採られたものが多い。乱獲の結果、現在では天然の物が少なくなった。盆栽界ではミヤマビャクシンを「真柏(シンパク)と呼ぶ。

 

【育て方のポイント】

・萌芽力(芽を出す力)があり、剪定にも耐えるが、成長が遅いため、不要な枝を元から取り除く程度が望ましい。

 

・寒さには強いが、十分な日照が必須である、日陰では生育が悪い。

 

・病害虫に強い。

 

・挿し木で増やすことができる。 

 

【ハイビャクシンとミヤマビャクシンの違い】

・ミヤマビャクシンは、ハイビャクシンに似た外見を持つが、枝が幹から斜め上に伸びる点が異なる。 

ミヤマビャクシンの基本データ

 

【分類】ヒノキ科 ネズミサシ属

    常緑針葉 低木

【学名】Juniperus chinensis

【別名】シンパク(真柏)

【成長】遅い 

【移植】簡単

【高さ】30センチ~60センチ

【用途】根締め/盆栽/ロックガーデン 

【値段】1000円~