庭木図鑑 植木ペディア > ヒノキアスナロ

ヒノキアスナロ(檜翌檜)

Aomori cypress

青森ヒバ 葉っぱ
ヒノキアスナロの葉
ひのきあすなろ 画像
葉の様子
檜アスナロ 樹木 画像
ヒノキアスナロの樹形
ひのきあすなろ 幹 画像
ヒノキアスナロの樹皮
姫アスナロ 葉っぱ
ヒノキアスナロの園芸品種「ヒメアスナロ」の葉

【ヒノキアスナロとは】

・本州北部、北海道南部及び佐渡島に見られるアスナロの変種。

・日本の固有種であり外国に自生はない。

・葉はアスナロよりも小さい。紛らわしいがヒメアスナロは本種の園芸品種であり、背丈が大きくならない。

・3月下旬になると雌雄それぞれの花が咲く。雄花は黒、雌花は緑色であまり目立たない上に、木の頂部に咲くため、普通の目線では観察することができない。花の後にできる実は丸くなる(球果)のが、アスナロとの大きな違い。

・青森でヒバといえばこれを指し、ヒバ林の多くはヒノキアスナロからなる。青森のヒノキアスナロ(=青森ヒバ)は木曽ヒノキ、秋田スギとともに日本三大美林に数え上げられる。

ヒノキより多くのヒノキチオールを持つといわれ、枝葉から抽出されたオイルはアロマテラピーなどに使われる。

・材はヒノキやアスナロ同様に優良で、水に強く、腐りにくい。平泉の金色堂にも使われる。

 

【育て方のポイント】

・東北特有の気候に育つ樹種であり、暑さに弱い。植栽は栃木以北の寒冷地に限る。

・栽培適地であれば切った枝、落下した枝から根が出るほど生命力が強い。

・日陰でも育てることができる。 

・病害虫、大気汚染に強い。

・他の針葉樹同様に、いったん大きくすると、小さくするのが難しい。一般家庭に植えるような木ではない。 

ヒノキアスナロの基本データ

 

【分類】ヒノキ科 アスナロ属

    常緑針葉 高木 

【学名】Thujopsis dolabrata Sieb.

       et Tucc.var.hondai Makino

【別名】ヒバ/青森ヒバ/エゾヒノキ 

【成長】早い 

【移植】簡単 

【高さ】20m~30m 

【用途】公園 

【値段】300円~