庭木図鑑 植木ペディア > ドイツトウヒ

ドイツトウヒ/どいつとうひ/独逸唐桧

Norway spruce

クリスマスツリー 庭植え
原産地では樹高50mに達する
ドイツトウヒ,どいつとうひ
冬芽の様子
ドイツトウヒ 庭木図鑑 画像
ドイツトウヒの新芽
オウシュウトウヒ,よーろっぱとうひ
ドイツトウヒの新葉
Norway spruce.needle leaf,picture
ドイツトウヒの葉っぱ
ドイツトウヒの花,どいつとうひ,画像
ドイツトウヒの花
どいつとうひ
球果の様子
どいつとうひ まつぼっくり
遠目からは犬の糞に見えるドイツトウヒの実
Norway spruce
上部の枝は十字架のように切立つが・・・
ドイツトウヒ 特徴
下枝は地面に着くほど垂れ下がる
Norway spruce
大木の樹皮は剥離する

【ドイツトウヒとは】

・ヨーロッパの北部から中部を原産とするモミノキの仲間で、モミノキ同様、クリスマスツリーに使われる定番の木。日本へ渡来したのは明治時代の中頃。

・クリスマスツリーに使われる木の中では葉の色が暗い方だが、もっとも形が整いやすい。葉の断面は菱形になる。

・ヨーロッパでは主要な造林樹種となっており、建材として幅広く用いられる。

・マツボックリは長さ20センチにも達する大型で、種子はリスの好物となる。

・「ドイツの森に多い、唐風のヒノキ(檜)」という意味合いでドイツトウヒと呼ばれる。

 

【育て方のポイント】

・防雪林にも使われるなど、基本的には丈夫な木。

・病害虫、公害に強く、街中でも育てられる。

・日陰にも耐える。

・暑さ、寒さに強く、北海道から九州まで植栽できる。

・相当な大木になるため、長期的に付き合うつもりなら広いスペースが必要となる。

・移植は難しいものの、モミノキよりは扱いやすく、成長も早い。

 

【ドイツトウヒの品種】

・ニディフォルミス

 背丈が大きくならない、いわゆる矮性の園芸品種

 

背が高くならないトウヒ
ニディフォルミス

【類似種との見分け方】

・モミノキに似るが、ドイツトウヒの方が葉が細かい。

・トウヒ類は品種が多く、見分けるのは困難。

ドイツトウヒの基本データ

 

【分類】マツ科 トウヒ属

    常緑針葉 高木

【学名】Picea abies

【別名】ビッシャー/オウシュウトウヒ

    ヨーロッパトウヒ

【成長】早い

【移植】やや難しい

【高さ】10m~50m

【用途】シンボルツリー/公園樹 

【値段】4000円~