庭木図鑑 植木ペディア > ダイオウショウ

ダイオウショウ/だいおうしょう/大王松

Longleaf pine/Yellow pine

longleaf pine tree
松としては世界一長い葉を持つ大王松
だいおうしょう,葉っぱ
葉は2本一組で、長さ30センチにもなる
ダイオウショウ 木 特徴
大木だが、庭に植える家庭も珍しくはない
大王松,だいおうしょう,特徴,画像
成長は遅いが、手を入れないとこんな感じに
ダイオウショウのマツボックリ
松ぼっくりも巨大になる
ダイオウショウ,だいおうしょう,木,画像
下枝は垂れることが多い
松の種類,葉が長い松
雄大な姿は まさに大王 材は建材となり、松脂も採取できる
御神木,だいおうしょう
稀に神社の御神木とされる(茨城県下妻市 大宝八幡宮)

【ダイオウショウとは】

・北アメリカ東南部を原産とするマツ科の常緑針葉樹。マツの仲間では世界一の長い葉を持つことから「大王」と称され、雄大な樹形を観賞するため公園や庭園に植栽される。

 

・マツといえば日本庭園を想起するが、ダイオウショウは姿形が大ぶりで洋風庭園にも違和感がない。日本に渡来したのは1912年(大正元年)のことで、別名をダイオウマツという。

 

・日本で一般的なクロマツアカマツは針状の葉が二本一組で生じる「二葉松」だが、ダイオウショウは葉が三本一組の「三葉松」。樹齢を重ねたダイオウショウの葉は長さ20~30cmだが、若い木では40~50cmになって枝先に垂れ下がる(ちなみにクロマツの葉は長さ10~15センチほど。)。

 

・長い葉が描く曲線は柔らかで美しく、切り枝を生け花に使うことがある。また、葉から採取したエキスは美容効果があるとされ、アイマスクやリップパックなどの原料に使われる。 

 

・ダイオウショウは雌雄同株で、4~6月になると1本の木に雌雄それぞれの花を咲かせる。他のマツと同じように雌花はその年に伸びた枝の先に、雄花は葉の脇に咲く。地味な花でありあまり目立たない。

 

・雌花の後にできるダイオウショウのマツボックリ(球果)は、長さ20~30cmの円柱形で、翌年の10月に熟す。種子は翼のある楕円形で長さは1センチほど。原産地では野生のリスが好んで食べるという。圧倒的な存在感のあるこの巨大なマツボックリはフラワーアレンジメントや工作に使われる。

 

・樹皮は暗褐色で上へいくほど赤くなり、樹齢を重ねると鱗状に剥離する。幹は単独で直立し、直径は最大1mほどになる。樹形は樹齢を重ねても崩れにくく、枝分かれも少ないため優良な建材となるが、乱伐の結果、天然の個体数は減っている。

 

【ダイオウショウの育て方のポイント】

・他のマツ類同様、日向を好み、日陰やまして室内では生育が悪い。正月に縁起物としてポットや鉢に入ったものが出回るが、屋内で育て続けるのは難しい。やや耐寒性が低く、植栽の適地は関東地方以西となる。また、乾燥に弱く、湿気のある肥沃な土地を好む。

 

・成長が遅く、手入れの手間が少なくて済む。むしろ、他のマツと同じような手入れをすると枯れやすく、特に太い枝を切ると急速に生育が悪くなる。

 

・病害虫に強いが稀にマツケムシやハダニの被害が発生する。また、強風で幹や枝が折れることがある。

 

・枝はまばらだが、大ぶりな樹姿が見どころであり、庭に植えるにはそれなりのスペースが必要となる。

 

【ダイオウショウに似ている松】

テーダマツ

 ダイオウショウと同様にアメリカを原産とする。日本のマツよりも長い葉を持つが、ダイオウショウに比べれば短い(最長で20センチほど)。また、テーダマツとダイオウショウの雑種も存在する。

ダイオウショウの基本データ

 

【分類】マツ科/マツ属

    常緑針葉/高木

【漢字】大王松(だいおうしょう)

【別名】ダイオウマツ

【学名】Pinus palustris

【英名】Longleaf pine

【成長】かなり遅い

【移植】難しい

【高さ】20m~40m

【用途】シンボルツリー 

【値段】1000円~