庭木図鑑 植木ペディア > タマイブキ

タマイブキ/たまいぶき/玉伊吹

Globe chinese juniper 

背の低いカイヅカイブキ
樹形が球状になりやすいためタマイブキという
タマイブキの葉っぱ
葉はカイヅカイブキと同じような感じ
背の低いコニファー
鱗状の葉は指でプチプチと千切れる
いぶきだま
日の当たらない場所の葉はこんな感じに
イブキダマ,植木
冬期は葉が茶変する
tamaibuki
冬期の葉の様子
Globe chinese juniper
幹の様子

【タマイブキとは】

・ヒノキ科ビャクシン属の常緑針葉樹。イブキ(ビャクシン)の園芸品種で、樹形が球状になるためタマイブキと名付けられた。丈夫な性質を持つことや狭いスペースでも管理しやすいことから、昭和時代に造成された公園や庭園に数多く使われる。

 

・幹は地際で分岐し、全体としては、こんもりとした丸い樹形になるため、球形に刈り込む「玉物」として使われるが、近年ではより明るい雰囲気を持つ他のコニファーの台頭によって流通量は減っている。

 

・葉は鱗状で枝から互い違いに出て密生する。イブキなどのように針状の葉が出ることもあるが、その数は少なく、樹形も整えやすい。

 

・剪定して管理することが多いため花や実を見ることは稀だが、放任気味に育てれば4月頃に花が咲き、秋には果実もできる。ただし、花や実は地味であり、観賞価値に乏しい。

 

・樹皮は赤褐色で樹齢を重ねると縦に長く裂けて剥離する。

 

【タマイブキの育て方のポイント】

・植栽の適地は東北以南の本州、四国及び九州。日向を好む陽樹であり、日陰では枝葉がまばらになるなど生育が悪い。

 

・乾燥。潮風、大気汚染に強いため、環境の厳しい都市部でも育てられるが、肥沃な土壌を好むため、植穴には事前に堆肥や石灰などをすき込んだ方がよい。

 

・幼木のうちから年に2~3回刈り込むと葉が密生して美しい球形になる。剪定の適期は6月中旬、9月中~下旬及び11月下旬。球状にするのが普通だが、直方体にして生垣に仕立てることもできる。

 

・病害虫の被害は少ないが、さび病やハダニの害を受けることがある。また、積雪の多い地方では雪の重みで玉が割れることもある。

 

【タマイブキの品種】

・コガネタマイブキ(オウゴンイブキ)

 葉が黄色くなる品種。明るい雰囲気を持つためより好まれる。

 

・キンイブキ

 新葉が黄色っぽく、幹が直立する品種

 

【タマイブキに似た木】

 イブキ(ビャクシン) ミヤマビャクシン カイカヅカイブキ 

タマイブキのの基本データ

 

【分類】ヒノキ科 ビャクシン属

    常緑針葉 低木

【学名】Juniperus chinensis

       f. globosa Hornib

【別名】イブキダマ/タマビャクシン

【成長】遅い

【移植】難しい

【高さ】0.5m~2m

【用途】公園/庭園

【値段】1000円~