スギ(杉)

Japanese cedar

杉の木,画像
屋久島、日光及び羽黒山の杉は天然記念物に指定される
スギ林の写真
建材として使うことを見込み、大量に植えたものの・・・
杉 庭木
今では悪者扱い 無花粉杉もあるというが一向に普及しない
スギ花粉
花粉症の元凶となる杉の雄花
杉の木,庭木
スギの新芽
Japanese cedar
杉の葉と種子の様子
Japanese cedar ball
スギの葉でできる杉玉 造り酒屋の軒先に見られる
台杉仕立て
庭に使う場合は、こんな感じに仕立てると・・・
杉の庭
いい雰囲気になる
杉の木の垣根
あまり見かけないが、生垣にもできる
スギの木
神社仏閣には生きた大木も多いが・・・
スギの木の柱
柱として使われていることも多い
Japanese cedar tree
スギの木の断面
杉の木の皮
樹脂が多く、これによって害虫の攻撃を守る
杉皮
樹皮は自然に剥がれ落ちる

【スギとは】

・北海道を除く日本全国に分布するスギ科スギ属の常緑樹。ヒノキと共に重要な建築材であり、日本の樹木の中では最も広い面積に植林される。建築材として有用されるのは、その成長の早さや材の軽さ、加工のしやすさや目の美しさによるが、戦後大量に植栽されたものが放置され、今日では花粉症をもたらす木として嫌われる。 

 

・天然のスギは稀で、主に太平洋岸の山地に生えるが、これをオモテスギと呼び、日本海側に生じるウラスギと区別する。後者は積雪によって枝葉が垂れ下がり、着地した枝から根を生じるという特徴を持つ。

 

・植物学的には日本のスギは上記の二種類だが、環境によって材質や枝葉の形に変化が多く、主に林業上の都合から各地の地名を冠したいろいろな種類のスギがあるとする。都道府県の木として指定されているものだけでも秋田杉(秋田)、北山杉(京都)、立山杉(富山)、神宮杉(三重)、吉野杉(奈良)、魚梁瀬杉(高知)がある。秋田杉は木曽のヒノキ、青森のヒバ(ヒノキアスナロ)と並ぶ日本三大美林と称される。 

 

・花粉症のイメージが強いため庭木としての需要は低いものの、石組みがあるような和風庭園においては生垣や点景として使われる。庭木としては、枝葉が密生しやすく、下枝が枯れにくいウラスギが好まれる。ウラスギは別名を京都の地名(芦生)にちなんで、アシウスギあるいはアショウスギという。京都の北山杉を仕立てた北山台杉はこの系統であり、中でも「白杉」は耐陰性が高く、優良とされる。 

 

・スギは日本で最も長寿な樹種であり、屋久島の縄文杉は樹齢数千年とされる。また、スギは日本で最も高くなる木であり、2017年時点で日本一背が高い木とされる京都の「花脊の三本杉」は、3本中の2本が60mを超える。(ちなみに直径が最大になるのはクスノキ

 

・スギという名の由来には諸説あるが、幹がまっすぐに伸びることから「直木(スクキ)」と呼ばれ、これがスギに変わったという説が根強い。漢字では「杉」「須疑」「須岐之木」などと書くが「杉」は中国でコウヨウザンを指し、日本のスギは倭木と表す。

 

・スギが神社仏閣に多いのは、天に向かって真っすぐに伸びる様が、神の依り代と考えられたため。日本書紀によれば「須佐之男命(スサノオノミコト)=神」が髭を蒔いてスギを、胸毛を蒔いてヒノキを、尻毛(!)を蒔いてマキを、眉毛を蒔いてクスノキを創ったという。現在では日本の固有種となっているスギだが、6,500万年~180万年前までは北極圏まで広く分布していた。

 

・スギの葉は、長さ1センチほどの小さな葉が螺旋状に集まってできており、小葉は真っすぐなものと鎌型に捻じれるものが混じる。冬季には赤褐色なって枯れたように見えるが、春には緑色に戻る。枝葉はよく燃え、燃料や線香に使うほか、新酒ができた合図として造り酒屋の軒先に吊るされる「杉玉」などの装飾にも使われる。

 

・雌雄同株で、早春(3~4月)には雌雄それぞれの花が咲く。雄花はクリーム色の俵状で、枝先にびっしりと咲く。雌花は緑色の球状で、直径は5ミリほどになる。晴れた日に風が吹くと雄花から大量の黄色い花粉が放出される。

 

・授粉した雌花は小さなマツボックリのような球果になる。直径2~3センチほどでトゲに包まれ、10月頃に茶色に熟すと自然に裂ける。中からコメ粒ほどの大きさの種子が転げ落ちるが、空になった球果はその後もしばらく枝に残る。

 

・樹皮は赤褐色で縦に裂け、薄く剥がれる。造園用の資材や屋根を葺くのに使われる。材は土木建築、家具、器具、船舶、箸等に使われる。酒樽もスギの木で作られるが、これはスギに含まれるアルコール分が酒の風味を高めるため。

 

【育て方のポイント】

・日向を好む陽樹だが、苗木は日陰に耐える。

・湿気が多く、かつ水はけの良い場所を好む。

・自生のものは肥沃な土地に育つが、植栽する場合は普通の土で問題ない。病害虫にも強い。

・木が若いうちは円錐形になるが、樹齢を重ねると木の頂部付近は丸くなるのが普通。枝葉は分岐して密生し、大木となるため、一般家庭で庭木として維持するには、幹を途中で止め、刈り込みを定期的に行う必要がある。

・雄花も雌花も前年に伸びた枝の先に咲くため、秋ごろに剪定すれば花は咲かない。

・刈り込みに強いが、排気ガスなどの煙害には弱く、都市部では生育不良となりやすい。

 

【スギに似ている木】

ヒノキ

 木は全く似ていないが一般的なイメージが似ている。

ネズミサシ

 公園や植物園で稀に見られる。

 

【スギの品種】

・正式ではないものを含めてかなりの品種がある。

日本のスギの木の種類
アシオスギはスギよりも萌芽力があり、樹形を整えやすい
variety of Japanese cedar
マンキチスギ(万吉杉)は久留米の庭師 原田万吉氏が育成したもので、枝葉の一つ一つが杉の大樹を思わせるとして生け花に好まれる。別名はムレスギ、シシスギなど
杉の種類
イカリスギ(錨杉)の枝は前後左右に不規則に生じ、枝は垂れ下がって異形となる
variety of Japanese cedar
メジロダイスギ
杉の木の種類
エンコウスギ(猿猴杉)の葉は手長猿にたとえられる 
スギの種類
メジロスギ(芽白杉)は枝先付近の葉に白い模様が入る
杉の品種
シバハラスギ(芝原杉)

variety of Japanese cedar
ジンダイスギ(神代杉)は短い枝葉が密生する
オビスギ
オビスギ
variety of Japanese cedar
ヨレスギは葉がよじれる
variety of Japanese cedar
タイショウスギ(大正杉)
variety of Japanese cedar
ヤナセスギ(魚梁瀬杉)は高知県の木
varity of Japanese cedar
セッカスギ(石化杉)は枝の分岐点が緑のケイトウのようになる
varieties of Japanese cedar
キジンスギ(黄芯杉)

Japanese green cedar
ミドリスギは一年じゅう緑色の葉を保ち、別名をアオスギという
杉の園芸品種
ヨシノスギ(吉野杉)は奈良県の吉野川流域の産で、生垣に向く
いろいろな杉
センボンスギ(千本杉)

Japanese golden cedar
オウゴンダイスギ(黄金台杉)は稀に自生し、芽吹きが黄色くなる
八房杉
ヤツブサスギ(八房杉)
玉杉 種類
タマスギ(玉杉)

杉の木の種類
セッカンスギ(雪冠杉)

スギの基本データ

 

【分類】スギ科 スギ属

    常緑針葉 高木

【学名】Cryptomeria japonica

【別名】スギノキ/オモテスギ

【成長】早い

【移植】やや難しい

【高さ】30~65m

【用途】主木、垣根

【値段】1000円~