サワラ

Sawara cypress

サワラ 樹木 特徴
ヒノキによく似るサワラの木
サワラの垣根 画像
列植されたサワラ
サワラという木 特徴
小さく刈り込まれたサワラ
サワラ 樹木 葉
葉はヒノキよりも小さいというが分かりにくい
植木 さわら 特徴
サワラの葉(裏側)
椹の木の花
春には地味な花が咲く(画像は雄花)
さわら木 とは
樹皮も檜に似る

【サワラとは】

ヒノキに似た日本特産の常緑針葉樹で、岩手県の早池峰山以南の本州及び九州に分布する。枝と枝の隙間が多く、樹形全体が「さわらか」な雰囲気を持つためサワラと名付けられた。漢字名は椹、花粕などが使われ、魚の鰆とは異なる。

 

・天然のヒノキは溶岩流の跡地など過酷な環境に自生するが、サワラは渓流沿いや沢地など湿気の多い場所に見られ、成長はより早い。

 

・幹は真っすぐに伸び、樹高30~50m、直径1~2.8mにもなる大木であり、庭木よりは材木としての利用が多い。材は柔らかくて黄色を帯びるため、ヒノキやスギよりも劣るとされるが、水に強くて割れにくい。

 

ヒノキクロベアスナロコウヤマキと共に木曽五木(江戸時代に尾張藩が管理保護した樹木)の一つに数えられ、桶、船舶、器具などに用いられる。また、ヒノキに比べれば香りに乏しいため、寿司桶(飯台)など食にまつわる器具を作るのに適している。

 

・鱗状の葉はヒノキやアスナロなどとともに、鮮魚や松茸の下に敷く葉(「掻敷=かいじき」という)として使われる。これは葉に含まれる成分(ピシフェリン酸)が酸化防止作用を持つため。

 

・あまり目立たないが4月ごろ、枝先に花が咲く。雌雄同株で花には雌雄があり、雄花は紫がかった褐色の楕円形、雌花は球形になる。

 

・雌花の後には直径6~7ミリの球果ができ、秋には黄褐色に熟す。実はヒノキよりも小型で、熟して乾燥すると盃状に窪んで凸凹になる点も異なる。種子はヒノキと同様に翼があり、実が開裂すると飛んでいく。

 

・サワラの枝は細く、水平に伸びて、木全体としては円錐形になる。樹皮はヒノキやスギに似ており、樹齢を重ねると縦に裂け目が入って薄く剥がれ落ちるが、強度が乏しいからか檜皮葺のような使われ方はしない。

 

【育て方のポイント】

・やや湿気のある肥沃な土地を好むが、人工的に作られた苗木はあまり土地を選ばずに育つ。病害虫もほとんど見られない。

 

・ヒノキよりも耐寒性がやや強く、海抜の高いところ(2,590mまで)や北海道でも植栽できる。 

 

・乾燥にはやや弱く、日差しの強い場所よりも半日蔭くらいの方が生育が良い。

 

・萌芽力があり、葉が密生するため垣根に使用できるが、葉を残すように手入れをしないと枯れるため、必然的に年々大きくせざるを得ない。学校や工場など大きなスペースであれば問題は少ない。

 

・根が浅いこと、葉が密生していることで、やや風に弱い。植え込みの初期は支柱を添える。 

 

【似ている木】

・ヒノキとサワラの違い

 葉の先端が尖っているのがサワラで、丸みがあるのがヒノキだが、これだけでは判別が難しい。より確実なのは葉の裏を見る方法で、葉の裏面の模様(気孔線)がヒノキは「Y」の字で、サワラは「X」の字になっている。「X」や「Y」の文字は白く浮き上がって見えるので素人でも難しくない。また、ヒノキは枝葉が密生しているため、木の下に立つと向こうの景色が見えないが、サワラは隙間があって向こう側が見える。

・台湾産のベニヒや北米産のローソンヒノキもサワラによく似ている。

 

【サワラの園芸品種】

・葉の色形が微妙に異なる多数の園芸品種があり、庭木としては原種よりもそれらの使用が圧倒的に多い。代表的な品種は、ヒヨクヒバ(=イトヒバ)、オウゴンヒヨクヒバ、ヒムロスギ(=サツマヒバ)、チリメンヒムロ、ヒメヒムロ、アツカワサワラ、九十九ヒバ、シノブヒバオウゴンシノブ(=ニッコウヒバ)、フイリシノブなど。

サワラ フィリフェラオーレア
フィリフェラオーレア
サワラの品種
ゴールデンモップ
椹の種類
バリエガタ (斑入り種)
日光檜葉
生垣に使われるニッコウヒバもサワラの一品種。黄金色の葉を持つのが特徴 

サワラの基本データ

 

【分類】ヒノキ科 ヒノキ属

    常緑針葉 高木

【学名】Chamaecyparis pisifera

【別名】サワラギ/オケサワラ

【成長】早い

【移植】大木は難しい

【高さ】10~50m

【用途】公園/垣根/シンボルツリー/盆栽 

【値段】2000円~