庭木図鑑 植木ペディア > コノテガシワ

コノテガシワ(児の手柏)

Chinese arborvitae

このてがしわ 種類
高さは15mほどになる品種もある
コノテガシワ 木 種類
葉は平面状に並ぶのが特徴
児の手柏,花
春になると蕾ができて・・・
開花時期 コノテガシワ
こんな感じの花が咲く(雄花)
コノテガシワ 種子
でき始めの実は青みを帯びるが・・・
Chinese arborvitae
やがて褐色になって開裂する
コノテガシワ,種子
種子は両端が尖った楕円形 直径は8ミリほど
コノテガシワ 実生
飛び散った種子からは発芽しやすい
このてがしわ,手入れ
日なたに植えて剪定すればこうなるが・・・
エレガンテシマ 種類
日陰に植えて放任すれば、こんな感じに育つ
Chinese arborvitae,trunk
大木の樹皮

【コノテガシワとは】

・中国の北部~西部を原産地と想定されるヒノキ科の常緑樹。中国では寺院や墓地などに植えられるが、日本では元文年間(1736~41年)に渡来して以降、公園や庭園に広く使われる。

 

・葉はヒノキに似るが、地面と直角に生じ、表裏がはっきりしない。平面状の葉の様子が、子供の手のひらに似るとして「児の手柏」と名付けられた。最近ではコノテガシワよりも園芸品種のエレガンティシマ(エレガンテシマ)の方が有名である。

 

・雌雄同株で3~4月になると雌雄それぞれの花が咲く。雄花は画像のようなクリーム色、雌花は黒紫色になる。花の後には実ができ、種子は「柏子」と呼んで薬用とする。

 

樹皮は画像のようにヒノキに似ており、樹齢を重ねると縦に裂ける。中国では樹高20m以上になるものもあり、その材は建築や器具に使われる。

 

【育て方のポイント】

・苗木のうちは成長が早く、放任しても樹形を整えやすいが、成長につれて下枝がなくなりやすいため、ある程度の高さで幹を切るとよい。

 

・枝葉が密生するため、積雪や強風によって枝が折れやすい。また、根が浅く、風で倒れやすいため、植え付け時は支柱を添え、その後は定期的に剪定して枝葉の量を調整する必要がある。

 

・病害虫に強いが、冬期には葉が褐色になってやや見苦しくなることもある(肥料切れの場合も同様)。

 

【コノテガシワの品種】

 基本種は和風なイメージだが品種が多く、いわゆるコニファーとして洋風住宅や芝庭にも違和感なく使われる。

・ワビャクダン(和白檀)

 葉がやや細く、球果が大きい。

・センジュ(千手)

 コノテガシワほど大きくならない。

・オウゴンコノテガシワ

 枝先が黄金色になる。

・シシンデン(紫宸殿)

 別名を「鳳凰桧葉(ホウオウヒバ)という葉は青白く、枝は細長い。

・エレガンティシマ

 コノテガシワに比べ、樹形が細長い。エレガンティシマには「ストリクタ」、「オーレアナナ」、「ブッチャマン」、「フィリフォルミス」など背丈が大きくならない園芸品種が多数存在する。 

品種
センジュ
黄金コノテガシワ
黄金コノテガシワ
コノテガシワ 種類 品種
園芸品種 ローズダリス

コノテガシワの基本データ

 

【分類】ヒノキ科 コノテガシワ属

    常緑針葉 高木または小高木

【学名】Thuja orientails

【別名】コノテ/コノデカシワ/テガシワ

    ハリギ/ソノテ/フタオモテ

【成長】やや遅い

【移植】やや難しい

【高さ】1m~20m(品種によって多様)

【用途】垣根/公園/街路樹

【値段】900円~