庭木図鑑 植木ペディア > コウヤマキ

コウヤマキ(高野槙)

Japanese umbrella pine

コウヤマキ,皇室
コウヤマキの自然樹形は東京スカイツリーに似ている?
コウヤマキ 葉っぱ 画像
新緑の様子
Japanese umbrella pine
枝の様子(日陰地)
こうやまき,剪定
日本の木だが、こうして剪定すれば洋風庭園にも馴染む
雌花と雄花
コウヤマキの雌花
高野山,槙,花
コウヤマキの雄花
コウヤマキ まつぼっくり
「まつぼっくり」の先から葉が生じるのが特徴
高野槙,種類
実は中に種がなくなっても長い間、枝に残る
コウヤマキ 葉っぱが 茶色
寒さに弱いため寒冷地では冬に葉が茶色くなり、やや見苦しい
高野山,槙
成長が遅い分、風格のある樹姿となる
kouyamaki tree,Japanese umbrella pine
古木では二股、三股になるものも・・・
コウヤマキ,老木
コウヤマキは古木になっても地道に育ち続ける

 

【コウヤマキとは】

・東北地方南部(福島県以西)の本州、四国及び九州(宮崎県のみ)に点在する常緑針葉樹。かつては北半球に広く分布していたが、現在では日本にのみ残るため、日本固有の樹木とされる。

 

・本種をスギ科とする書籍も多いが、コウヤマキ科として独立している。しかし、コウヤマキ科には本種しかなく「一科一属一種」の珍しい植物となる。ただし、庭木としては人工的に繁殖されたものが多数出回っており、公園や寺院等で普通に見られる。

 

・和歌山県の高野山や奈良県との県境にある大台ケ原に多いことからコウヤマキと名付けられた。高野山ではアカマツスギヒノキツガモミと並ぶ「高野六木」に数え上げられる。 

 

・東京スカイツリーのデザインの原点になったというその樹姿は端正な円錐形が基本。あまり剪定しなくても年を経るごとに風格が漂い、和風庭園の主役となる。

 

・コウヤマキの葉は肉厚で幅は3㎜、長さは6~12㎝ほど。表裏とも中央に溝があり、先端は少し窪む。短い枝では2本の葉が対になり、放射状に生じる。枝葉はイヌマキなどより色合いが明るく、「金松」という別名もある。切り枝はお盆などの仏事に使われるが、材を棺桶に使ったことから神道では忌み嫌う傾向もある。

 

・かなり地味だが3~5月に花(雌雄同株)が咲く。雄花は画像のようなクリーム色、雌花はオレンジ色を帯びた緑色になる。花の後にはマツボックリのような実(球果)ができる。

 

・マツボックリは直径8~12㎝ほどの楕円形で1年以上かけて熟す。中に含まれる種子は1㎜弱の楕円形で小さな翼を持ち、秋になると風で拡散する。なお、画像のようにマツボックリの先端から葉を生じることが多く、初見では驚愕する。

 

・コウヤマキは前後左右どこから見ても樹形が美しく、ナンヨウスギ(アロウカリア/チェリーマツ)、ヒマラヤスギとともに「世界三大公園木(造園木)」の一つに数えられ、西洋でも知られる。

 

・日本では悠仁親王の「お印」としても知られるが、日本書紀では素戔嗚尊(スサノオノミコト)が抜き散らした尻毛がコウヤマキになったという。科学的にはジュラ紀~白亜紀に出現したと考えられている。

 

・コウヤマキの成長は極めて遅いが、樹齢を重ねれば樹高40m、直径1.5mになる。樹皮は赤みを帯びた褐色で縦に剥がれるが、古木では鱗状になる。材は水に強く丈夫であり、ヒノキサワラクロベアスナロとともに優良な材を賞する「木曽五木」に数え上げられる。古くは棺や橋脚(橋杭)あるいは船舶に、現代でも建築や器具(桶など)に使われる。

 

・材には独特の臭いがあり、別名をクサマキ(臭い槙から)というが、抽出されるオイルには保湿力を高める効果があり、エッセンシャルオイルや美容液として使われる。また、民間療法として歯周病の治療に用いることがある。

 

【育て方のポイント】

・天然では山の尾根などの崖地にも生じ、基本的には土を選ばず、乾燥にも耐えて育つが、水はけのよい肥沃地に植えるとより良い。大気汚染や西日には弱く、条件の厳しい場所では葉の色が悪くなる。西日は根元に低木や草花を増えて防御したい。

 

・コウヤマキの稚樹は林内の暗闇でも育つほど日陰に強いが、ある程度成長し、葉の量が増えると日向を好むようになる。一般的な樹木よりは日陰に強いため、日陰のシンボルツリーとして使用できるが、日陰では枝葉の密度が低くなり、間延びしたような樹姿になる。

 

・画像のように円筒形に刈り込まれることもあるが、苗木の成長は遅い上、自然に整った円錐形となるため剪定はほとんど必要ない。切りすぎると木が衰えるので、年に一度、樹形を乱すような枝を根元から切除する程度にとどめる。

 

・剪定した枝葉を利用して挿し木で増やすことができるものの、活着率は高くない。苗木の販売価格は高めだが、剪定費用を含めた長期的なコストが低いことも、この木が珍重される理由といえる。ただし、成長が遅いとはいえ、樹齢を重ねるほど成長速度を増し、古木になっても地道に伸び続ける上、枝が横に広がり出す。長期的に管理するには広い場所に植える必要がある。

 

・稀に黒斑病に罹るが、基本的には病害虫に強い。ただし、土の養分が乏しくなると葉が黄色くなることがある。有機肥料を施して対応するのがよい。また、寒冷な地方では冬季に葉が茶色くなる場合もあるが、殊更に対策をしなくても翌春には緑色になる。

 

【コウヤマキの品種】

・シダレコウヤマキ(枝垂れ高野槙)

 文字どおり枝が垂れる品種だが、サクラやウメのように派手に枝垂れるわけではなく、品種として認定するのは妖しい。

 

・センボンマキ(千本槙)

 主だった幹がなく、株立ち状に育つ。シダレ~同様に品種というよりも個体の特徴から命名されたもの。

 

・フイリコウヤマキ(斑入り高野槙)

 葉に白や黄色の模様が入る品種

 

【似ている木

・マキには他にラカンマキイヌマキなどがあるが、これらは剪定に強く、成長も早いことから、垣根や目隠しとして積極的に使用される。一方、コウヤマキは葉が細く、枝葉の密度が低いため、緻密な垣根とするには時間を要する。なお、コウヤマキはコウヤマキ科だが、イヌマキはマキ科であり、両者に分類上の関連はない。

マキの種類
コウヤマキ(左)とラカンマキ(右)

 

・コウヤマキとラカンマキはやや似ているが、写真のとおり、コウヤマキの方が細く、慣れれば見分けられる。

 

コウヤマキの基本データ

 

【分類】コウヤマキ科 コウヤマキ属

    常緑針葉 高木

【学名】Sciadopitys verticillata

【別名】ホンマキ/トウマキ/クサマキ/キンマツ(金松)

【成長】遅い

【移植】苗木は容易だが大木は困難

【高さ】20m~40m

【用途】シンボルツリー/垣根

【値段】5000円~