庭木図鑑 植木ペディア > キタゴヨウマツ

キタゴヨウマツ(北五葉松)

North Five-needle pine

きたごようまつ 特徴
五葉松に似ているが、より北の地に多い
きたごようまつ 葉っぱ
葉はゴヨウマツよりも長く、硬い
キタゴヨウマツ 葉っぱ
剪定しなければ、こんな感じに枝が伸びる
北五葉松 実
大きめの松ぼっくりができる

【キタゴヨウマツとは】

・北海道及び中部以北の本州に見られるゴヨウマツの仲間。共にゴヨウマツを代表するヒメコマツの変種とされるが諸説ある。丈夫な性質を持ち、他の樹木が育たないような尾根筋の岩場など環境の厳しい場所に群生する。

 

・名前のとおり葉は五本一組に生じ、長さ3~8センチほど。ゴヨウマツよりも長く、裏面がより白いため、遠目からはゴヨウマツよりも全体に白っぽく見える。

 

・5~6月にかけて花が咲き、雄花は盛んに花粉を放出する。マツボックリは長さ6~10センチで先端が尖る。

 

・ゴヨウマツやチョウセンゴヨウほどには大きくならないが、直径80センチほど、樹高25mほどになる。樹皮はゴヨウマツよりも剥離しやすい。

 

【育て方のポイント】

・耐寒性が強く、北海道の寒冷地でも育つ。

 

・自生地は厳しい環境の場所が多いものの、養分のある場所でも育つ。

 

・潮風、乾燥に強い。病害虫にも基本的には強い。

 

【似ている木】

ゴヨウマツ

チョウセンゴヨウ

キタゴヨウマツの種子に含まれるオイルから、コレを作る

キタゴヨウマツの基本データ

 

【分類】マツ科/マツ属

    常緑針葉/高木

【学名】Pinus parviflora var. pentaphylla

【別名】ヒダカゴヨウ

【成長】遅い

【移植】簡単

【高さ】15m~25m

【用途】主木(シンボルツリー)/盆栽 

【値段】2000円~