庭木図鑑 植木ペディア > エンコウスギ

エンコウスギ(猿猴杉)

Enkou sugi(Japanese cedar)

エンコウスギ 樹木図鑑
テナガザルのように枝葉が伸びる
えんこうすぎ 葉っぱ
新葉の様子
杉の種類 葉が長い
長いものでは70~80センチになる
葉っぱがすごく長いスギみたいな木
実や花はできそうで、できない
葉が長いスギ 名前
冬は葉が茶色になる

【エンコウスギとは】

スギの園芸品種。極端に長く伸びる葉がテナガザルを想起させるとして「猿猴杉」と名付けられた(「猿猴」は手長猿と尾長猿の総称)。実際は長い葉と短い枝が交互に発生している。

 

・珍妙な葉は花材として生け花に使われるが、花が咲くことや実がなることはなく、葉以外には見どころに乏しい。挿し木で増やすのが一般的。

 

・枝は直立するものや垂れ下がるものがある。冬季は他のスギと同様に葉が茶色になる。

 

【育て方のポイント】

・しばし盆栽に使われるほど剪定に強い樹種であり、管理にはそれほど手がかからないが、葉が長く垂れる性質上、庭木として植えた場合は、樹形が乱れやすく、他の木とも調和しにくい。また、日陰になる葉が枯れこんで見苦しくなるのは他のスギと同様だが、葉が長い分、より見苦しくなる。

 

・湿気の多い半日陰程度の場所を好む。

 

 

【似ている木】

・エイザンスギ~葉が外側に反り返る品種

・センニンスギ~枝葉が、より細長い。

エンコウスギの基本データ

 

【分類】スギ科 スギ属

    常緑針葉 小高木

【学名】Cryptomeria japonica

    v.araucarioides Henk et Hochst

【別名】アヤスギ

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】1m~4m

【用途】盆栽/下草/根締め 

【値段】現在、園芸用として流通するものはほぼない