庭木図鑑 植木ペディア > エゾマツ

エゾマツ(蝦夷松)

Yezo spruce

エゾマツ 特徴
葉先が尖り、流れるように生じるのが特徴
蝦夷松の新芽 画像
エゾマツの新芽
エゾマツ 葉っぱが黄色い
晩秋には古い葉が黄変して落下する
蝦夷松 庭木図鑑 画像
エゾマツの幼木
蝦夷松 マツボックリ
エゾマツのまつぼっくりは長さ6センチほど
盆栽美術館 大宮
エゾマツの盆栽

【エゾマツとは】

・名前のとおり蝦夷(北海道の旧称)に生じる松で、トドマツと共に北海道の山地に数多く見られ、独特の黒々とした森を形成する。本州では尾瀬のみに見られるという。

・葉は一見するとチクチクと堅そうだが、触ると柔らかい。一枚一枚の長さは2センチほど。

・秋にできる球果(=まつぼっくり)は6センチほどで葉の上に直立せず、ぶら下がってできる特徴を持つ。

・5月~6月にかけて花が咲くものの、鑑賞価値は低い。

・材は建築、器具、楽器など幅広い用途に使われる。

 

【育て方のポイント】

・特にやせた土地でなければ、放任気味で育てられる。自然樹形は枝が垂れた傘型で雄大。盆栽を除いては、一般家庭で剪定しながら管理するような樹種ではない。

 

【類似種との見分け方】

アカエゾマツ~北海道の針葉樹林、特に湿地や溶岩地に群生するエゾマツ。本種に比べて幹が赤い。葉も短く密生するため、エゾマツとは様子が異なる。より丈夫で扱いやすいこと、樹高が高くならないことから、盆栽、生垣、一般家庭のクリスマスツリーとして需要がある。

 

エゾマツの基本データ

 

【分類】マツ科 トウヒ属

    常緑針葉 高木

【学名】Picea jezoensis

【別名】クロエゾ

【成長】やや遅い

【移植】やや難しい

【高さ】30m~40m

【用途】建材/公園/盆栽 

【値段】4000円~