庭木図鑑 植木ペディア > エゾマツ

エゾマツ(蝦夷松)

Yezo spruce

エゾマツ 特徴
葉先が尖り、流れるように生じるのが特徴
蝦夷松の新芽 画像
エゾマツの新芽
蝦夷松 枝葉
放任した枝の様子
エゾマツ 葉っぱが黄色い
晩秋には古い葉が黄変して落下する
蝦夷松 マツボックリ
エゾマツのまつぼっくりは長さ6センチほど
えぞまつ
エゾマツの苗木
蝦夷松 庭木図鑑 画像
エゾマツの幼木 
北海道の木
成木は円錐形になる 
エゾマツの幹
樹皮は灰褐色で、鱗状に剥離する
盆栽美術館 大宮
エゾマツの盆栽

【エゾマツとは】

・名前のとおり蝦夷(北海道の旧称)に生じるマツの仲間で、「北海道の木」に指定される。トドマツと共に同地の山間に数多く見られ、独特の黒々とした森を形成する。

 

・本州では尾瀬のみに見られるが、日本以外でも東アジアの温帯~亜熱帯に広く分布する。同類のアカエゾマツに比べて幹が黒味を帯びるためクロエゾマツと呼ぶこともある。

 

・葉は長さ1~2センチ、幅1.5~2ミリで先端が尖り、小枝から螺旋状に生じる。一見するとチクチクと堅そうだが触ると柔らかい。表面は光沢があり、裏面は白っぽくてよく目立つ。

 

・秋にできる球果(=まつぼっくり)は円柱状で長さは6センチほど。でき始めは葉の上に直立するが、すぐにぶら下がるようになる。球果に含まれる種子は土の上に落ちると病原菌に感染して枯れやすいが、倒木の上などでは容易に発芽する。

 

・5月~6月にかけて花が咲くものの鑑賞価値は低い。花には雌雄があり、雌花は紅紫色で枝先に直立し、雄花はオレンジ色になる。

 

・幹はまっすに伸び、直径も1mを超えるため立派なクリスマスツリーになる。クリーム色をした材はほどほどの硬さがあって加工しやすく、建築(パルプ)、器具、楽器、曲げ輪、経木(弁当の仕切りなどに使う紙状にスライスされたもの)など幅広い用途に使われるが、アカエゾマツに比べると成長が遅く、病害虫に弱いこともあって流通量は減少している。

 

【育て方のポイント】

・火山灰層の痩せ地でも育つほど土質を選ばず、放任気味で育てられるが、湿気の多い場所を好み、根も浅く張るため、乾燥地では育てられない。

 

・自然樹形は枝が垂れた円錐状で雄大。相当なスペースを必要とするため、盆栽を除いては、一般家庭で剪定しながら管理するような樹種ではない。

 

【似ている木】

アカエゾマツ~北海道の針葉樹林、特に湿地や溶岩地に群生するエゾマツ。本種に比べて幹が赤く、葉も短く密生するため様子が異なる。より丈夫で扱いやすいこと、樹高が高くならないことから、盆栽、生垣、一般家庭のクリスマスツリーとして需要がある。

 

トドマツ~同じような場所に生じる。葉の先が凹むのが特徴

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

苗:白芽八房えぞ松(小) 黒ポット
価格:980円(税込、送料別) (2017/10/28時点)


エゾマツの基本データ

 

【分類】マツ科 トウヒ属

    常緑針葉 高木

【学名】Picea jezoensis

【別名】クロエゾマツ/クロエゾ

【成長】やや遅い

【移植】やや難しい

【高さ】30m~40m

【用途】建材/公園/盆栽 

【値段】4000円~