庭木図鑑 植木ペディア > アカマツ

アカマツ(赤松)

Japanese Red Pine

赤松と黒松 違い
アカマツは女松、クロマツは男松と称される。
Japanese red pine tree
新芽が茶色いのがアカマツの特徴。クロマツは白い。
赤松の剪定前
剪定せずにおけば樹高は30mを超える
赤松 透かし剪定
庭に使う場合、こんな感じに枝葉を透かして手入れされる
flower of red pinetree
アカマツの雄花
赤松の花,雌雄
アカマツの雌花
cone of red pine,picture
雌花は1年半かけて、マツボックリになる
アカマツの種子 画像
まつぼっくりには、こんな種が入り、風で飛んでいく
松の種類
黒松に比べて幹が赤茶色であるため赤松という。夕日に映えると特に赤茶に見える。
赤松の幹
樹齢を重ねると樹皮は亀甲状に剥離する

 

【アカマツとは】

・松茸や和風庭園の主役としてお馴染みのアカマツは、東アジアの山地を原産とし、日本では北海道の南部から九州まで分布する。クロマツと共に日本を代表するマツだが、主に海沿いに見られるクロマツに比べ、枝葉の様子が優しい印象があることから、別名「女松(オンナマツ/メマツ)」と呼ばれる。

 

・若木の樹皮は白っぽい褐色だが、成長に伴って剥がれ落ち、だいたい樹齢10年を過ぎたころから幹が赤茶に見えるようになる。老木では根元付近の樹皮が黒褐色で、亀の甲羅のように裂けるため分かりづらいが、幹の先端の方を見れば赤みを帯びていることが分かる。幹の直径は最大で1.5mほどになる。

 

・葉は針状の2本の葉が1対になっている。長さは7~12センチほどでクロマツよりもやや短い。葉は細くて柔らかく、触れてもクロマツのようにチクチクしない。

 

・あまり目立たないが、アカマツにも花が咲く。花の時期は4~5月で、花には雄雌がある。雄花は黄色で、若い枝の下部に複数個咲き、雄花が咲き終える頃、赤紫色の雌花が日の当たる若枝の先端に1~3個咲く。雄花は比較的目立つが、雌花は数が少なく見付けにくい。

 

・まつぼっくりは長さ3センチから6センチ程度で、クロマツのものに比べるとやや小さい。乾燥すると松笠が開いて種子を飛ばすが、湿った状態では堅く閉じる。マツボックリは開花翌年の秋に成熟する。

 

・アカマツの材はスギより硬く、クロマツよりは柔らかい。心材と呼ばれる中心部は耐水性が高く、建築用材(特に家の梁)、杭や経木として幅広く活用される。また、木全体に油分が多く、戦時中は根から油(松根油という)を採って照明用にすることもあった。樹皮や樹脂は漢方にも使われるが、近年はマツクイムシによる松枯れ病が広がっており、天然の個体数は減少傾向にある。

 

【育て方のポイント】

・古くから絵画や和歌の題材にされ、庭に一本あれば庭の風格が高まるが、素人には剪定が難しく、プロに頼めば維持費がかかる。

 

・いかにも和風のクロマツに比べれは洋風住宅でも違和感が少ない。

 

・通気性、排水性の良い土壌を好むが、環境への適応力はある。ただし、潮風や砂地は好まない。

 

・常緑とはいえ、大きな松であれば落ち葉の処理がやや面倒。

 

・日向を好み、日陰では育ちが悪い。

 

・マツノマダラカミキリ、モミノハダニ、マツカレハなど害虫の被害が見られるため、定期的な剪定や薬剤による予防が必要。

 

【アカマツの品種】

・アカマツには園芸品種、変種が多い。代表的なものにはタギョウショウやシダレアカマツ、ジャノメアカマツ、ウツクシマツなどがある。

アカマツの種類
タギョウショウは多数の幹が生じ、傘型になる
枝垂れ赤松
枝先が垂れるアカマツの一品種「シダレアカマツ」
あかまつ,園芸品種
葉にクリーム色の模様が入るジャノメアカマツ

【アカマツとクロマツの見分け方】

・クロマツは幹が暗褐色で新芽が白いのに対して、アカマツは幹が赤茶色で新芽は赤茶色。また、アカマツの葉は手で触れても痛くない。しかし、実際には両者の中間種(アイグロマツなど)もあって、明確に判別できないことも多い。

黒松と赤松 見分け
黒松の新芽
アカマツとクロマツの違い
赤松の新芽

アカマツの基本データ

 

【分類】マツ科/マツ属

       常緑針葉/高木

【学名】Pinus densiflora

【別名】メマツ/オンナマツ

    (雌松/女松)

【成長】早い

【移植】やや困難

【高さ】20m~35m

【用途】主木(シンボルツリー) 

【値段】300円~