庭木図鑑 植木ペディア > イスノキ

イスノキ(柞の木)

Isu tree

虫こぶ イスノキ
イスノキは「虫こぶ」ができる木として知られる
イスノキ 画像
新芽の様子
ヒョンノキ 葉っぱ
イスノキの葉
イスノキ 樹木図鑑
葉の裏側の様子
イスノキ 葉っぱ
いろいろな色形の虫こぶができる
いすのき 樹木図鑑
高さ20mほどまで育ちます
いすのき 庭木図鑑 画像
イスノキの樹皮

【イスノキとは】

・関東地方ではあまり馴染みのない木だが、本州西南部、四国、九州に自生する樹木で、関西地方では垣根などに使われる。自生は暖地の沿岸部が多い。 

・ワイルドな樹形が野趣に富むとして、雑木風の庭に使われることもある。 

・別名ユスノキを「結寿の木」とあてて縁起の良い木とする。

・ヤノイスアブラムシなどが寄生して葉の表面に風変わりな「虫こぶ」(虫えい、五倍子ともいう)ができる。 この虫こぶを笛にして吹くと「ヒョン・ヒョン」と音が鳴ることで別名ヒョンノキがある。

・イスノキの材は硬く緻密である上に木肌が美しいため、高級な木刀や小刀、建材、そろばん、櫛などに利用される。特に芯材は「スヌケ」と呼ばれ珍重される。

 

【育て方のポイント】

・成長が遅く、日陰や痩せ地でも生育可能とあって日陰の垣根や人が入りにくい場所の植え込みに適している。

・丈夫な性質を持ち、特に土質にこだわる必要はない。 病害虫や強風、潮風にも強い。 

・庭に植えると山野の雰囲気を出すことができるものの、放任すれば大木になるため、垣根以外に用途は少ない。一般家庭よりは公園や山地へ植栽することが多い。 

・萌芽力があり刈り込みに強いものの、樹形が乱れやすく、剪定にはややコツがいる。 

・そもそも「虫こぶ」が気持ち悪いという方には不向き。

・繁殖は実生、挿し木、接ぎ木による。

 

【類似種、品種の見分け方】 

・葉に模様が入る斑入りイスノキ(初霜など)や枝が垂れるシダレイスノキがある。シダレイスノキは鹿児島で発見された品種であり、常緑樹の枝垂れは珍しいため価値があるとされる。

イスノキ 初霜 「☆」

イスノキ 初霜 「☆」
価格:2,268円(税込、送料別)

イスノキの基本データ


【分類】マンサク科/イスノキ属

    常緑広葉/高木 

【学名】Distylium racemosum

【別名】イボノキ/イス/ユスノキ

    ヒョンノキ

【成長】やや遅い

【移植】簡単

【高さ】8m~20m

【用途】生垣、街路樹

【値段】1000円~5000円

この木について語り合う

~この木に関する思い出や豆知識をお気軽にお書きください~

コメント: 0