庭木図鑑 植木ペディア>アメリカヒイラギ

アメリカヒイラギ/あめりかひいらぎ

漢字表記:亜米利加柊(あめりかひいらぎ)

別  名:アメリカンホーリー

     アメリカヒイラギモチ

学  名:Ilex opaca Aiton 

英  名:American Holly

christmas,ornament,tree,red fruits
アメリカヒイラギはクリスマス飾りに使う
アメリカヒイラギの新芽,あめりかひいらぎ
アメリカヒイラギの新葉は黄色っぽい
American holly,leaf,picture
シナヒイラギよりも光沢がなく、マットな印象の葉
あめりかひいらぎ,くりすます
葉の裏側は黄色っぽい
アメリカンホーリー 花 時期
開花は初夏で花言葉は「清廉」(雌花)
あめりかひいらぎ はな
アメリカヒイラギの雄花
アメリカヒイラギの木,あめりかひいらぎ
雌花の後には実ができる
American holly tree,red fruits
実の直径は8ミリほど
ヒイラギ 種類
イメージとは異なり、大木となる
ヒイラギ 種類 特徴
樹皮はモチノキに似る

【アメリカヒイラギとは】

・北アメリカ東部~北部を原産地とするモチノキ科の常緑樹。冬にできる赤い果実が美しく、セイヨウヒイラギシナヒイラギと共にクリスマスの飾りに使われる。節分に使う日本のヒイラギとは科属が異なる別物だが、ヒイラギに葉が似るためアメリカヒイラギと呼ばれる。

 

・セイヨウヒイラギと混乱しやすいが、アメリカには本来セイヨウヒイラギがなく、本種をクリスマス飾りとして代用したとされる。

 

・葉は他の「~ヒイラギ」と同様で、若い木には縁に棘があり、老木では棘がない楕円形となるのが一般的。葉の棘はセイヨウヒイラギに比べるとまばら。葉の表面の光沢はシナヒイラギに比べると乏しく、見分けるポイントになる。

 

・雌雄異株で初夏(5~6月)になると、その年に伸びた枝の葉の脇に、白い五弁花を咲かせる。

 

・花の後には球形の果実ができ、晩秋(10~11月)に赤く熟す。ちなみに日本のヒイラギは冬に開花し、果実の色は黒っぽい。

 

【アメリカヒイラギの育て方のポイント】

・原産地は海岸付近や湿気の多い山林であり、乾燥に弱い。

 

・ある程度の日陰に耐え、土質はそれほど選ばずに育つ。

 

・風通しの悪い場所ではカイガラムシの被害にあうこともあるが、基本的には病害虫に強い。

 

・葉には大きめの棘があるが触ってもそれほど痛くはない。

 

【アメリカヒイラギの品種】

・葉の形が異なるペルニーなどがある。  

アメリカヒイラギの種類
アメリカヒイラギ ペルニー

 

【アメリカヒイラギに似ている木】

 シナヒイラギ(ヒイラギモチ)

 セイヨウヒイラギ ヒイラギ

 ヒイラギモクセイ ヒイラギナンテン 

 

【アメリカヒイラギとセイヨウヒイラギ】

・両者はよく似るが、セイヨウヒイラギはアメリカヒイラギよりも鋸歯(葉の縁のギザギザ)が大きくて鋭く、その数も多い。

見分け方
セイヨウヒイラギ
違いと見分け方
アメリカヒイラギ

アメリカヒイラギの基本データ

 

【分類】モチノキ科 モチノキ属

    常緑広葉 高木

【成長】やや遅い

【移植】簡単

【高さ】10m~25m

【用途】クリスマス飾り/垣根/切花

【値段】500円~