庭木図鑑 植木ペディア  > ギンモクセイ

ギンモクセイ(銀木犀)

fragrant white olive

銀木犀
白い花が咲き、キンモクセイよりも香りは弱い
銀木犀
新芽の様子
ギンモクセイ 葉っぱ
葉は長さ8~15センチ 縁のギザギザが目立つ
fragrant white olive,leaf
葉の裏側の様子
銀木犀 ツボミ
蕾の様子
金木犀と銀木犀
花はキンモクセイよりも、まばらなことが多い
ぎんもくせいの花
花は深く四つに裂け、2本の雄しべがある
樹形
遠目から金木犀と見分けるのは難しい
fragrant white olive,trunk
樹皮は淡い灰褐色で金木犀に似る

【ギンモクセイとは】

・中国を原産地とするモクセイ科モクセイ属の常緑樹。秋に芳香のあるオレンジ色の花を咲かせるキンモクセイ(金木犀)の方が有名であるが、基本種はこちらであり、キンモクセイはギンモクセイの変種にあたる。モクセイ(木犀)は動物サイの皮膚を意味し、樹皮がこれに似ることによる。

 

・日本各地の庭に植えられるが、庭木としてはキンモクセイの方が一般的である。しかし、造園業界等において単に「モクセイ」という場合、キンモクセイではなく本種を示すことが多い。また、原産地の中国では漢字表記に「桂」を用いるが、日本では桂をカツラに用いる

 

・葉は枝から対になって生じ、革質で厚みがある。主に垣根に利用されるほか、楕円形、円筒形に刈り込んで主木とする場合もある。放置すれば枝分かれしながら10m程度の高さまで育つこともある。

 

・花期は10月ころで、画像のように葉の両脇に直径4ミリほどの小さな花が並んで咲く。雌雄異株で雄の木には雄花が、雌の木には雌花が咲く。キンモクセイほどではないが芳香があるため、茶花には向かない。

 

・雌花の後には長さ1~1.5cmで黒紫色の果実ができる。キンモクセイの実は珍しいが、本種は日本でも結実し、神社仏閣などの大木で稀に実を見ることができる。

 

【育て方のポイント】

・密度の高い、重たい土を好むが、それほど土質は問わずに成長するが、空気の汚れた場所では開花しにくい。

 

・成長に伴って幅が広がるため、狭い場所の垣根には向かない。

 

・放任すると大きくなるため、毎年刈り込む必要がある。剪定は花の直後か3~4月が適期であり、剪定の時期を誤ると花を楽しむことができない。

 

【ギンモクセイと似ている木】

キンモクセイ

 花がオレンジ色で、香りがやや強い。また、ギンモクセイは葉を縁取るギザギザ(細鋸歯)がキンモクセイよりも目立つ。

 

ウスギモクセイ

 花色が薄く、春にダークブルーの実がなる。

 

ヒイラギモクセイ

 ヒイラギとギンモクセイの雑種で、ギンモクセイよりさらに葉のギザギザが大きい。

モクセイ■良品庭木■ギンモクセイ10.5cm

モクセイ■良品庭木■ギンモクセイ10.5cm
価格:668円(税込、送料別)

ギンモクセイの基本データ

 

【分類】モクセイ科 モクセイ属

    常緑広葉樹 高木 

【学名】Osmanthus fragrans

    Lour. var. fragrans 

【別名】ギンケイ/モクセイ/九里花

【成長】やや遅い

【移植】簡単 

【高さ】3m~10m

【用途】垣根/公園/街路樹 

【値段】500円~3000円程度

この木について語り合う

~この木に関する思い出や豆知識をお気軽にお書きください~

コメント: 2
  • #2

    管理人 (月曜日, 26 2月 2018 20:42)

    ソフィアさんコメントありがとうございます。こうした貴重な情報付きのコメントは大変嬉しいです。そんなに遠くない場所なので、時季になったら必ずギンモクセイの実を拾いに行きます。大学の方には何度か行ったことがあります。崖っぷちにあるクスノキや駐車場近くのサンゴジュの巨木が印象に残っていますが、まだ、無事でしょうかね。

  • #1

    ソフィア・ペナバズ (月曜日, 26 2月 2018 16:09)

    千葉大学園芸学研究科のソフィアと申します。松戸の野菊野団地周辺に実が出るギンモクセイあります。マカロニ・レストランの前に大きいな道路あります。反対側に、古いの実になるギンモクセイがあります。実が春・夏の頭に出るし、実が出るのがちょっと珍しいと思います。是非、ここに来て、横断歩道から実や種を持って替えて下さい。千葉県の土地なので、この木はいつ無くなるか分かりません。近くに他の面白い植物も色々あります。この場所は多分昔に神社いっぱい在ったと思います。日本の古い物は大切にしましょう。この木が無くなれば、近くに似ているのは見つけれるのかな。。。