庭木図鑑 植木ペディア > キンモクセイ

キンモクセイ/きんもくせい/金木犀

Chinese Sweet Osmanthus

きんもくせい,花言葉
花言葉は「謙虚」だが、花の時期には、かなり目立つ
金木犀 画像
春先の様子~新芽は赤い
きんもくせい,金木犀,葉っぱ,画像
キンモクセイの葉の様子
金木犀 葉 特徴
触れるとカサカサする
葉っぱ
裏面の様子
金木犀,きんもくせい,垣根
キンモクセイの生垣
金木犀 手入れ
香りが強いため神社仏閣には稀(宮崎神宮)
花の時期,きんもくせい
開花は9~10月(咲き始めの様子)
きんもくせい,花の画像
雄花には二つの雄しべと一つの不完全な雌しべがある
金木犀 高さ
大木になった様子(昭和記念公園)
金木犀,きんもくせい,樹皮
樹皮はサイの脚に似るとして「犀」の字が使われる

【キンモクセイとは】

・モクセイ科の常緑広葉樹であるギンモクセイ(銀木犀)の変種。古くから観賞を目的として庭園に使われるが、中国から渡来したものであり、日本の野山には自生しない。関東以北ではギンモクセイより数多く植栽される。

 

・漢字の「木犀」は、樹皮が動物のサイ(犀)に似ていることにより、淡い灰褐色の樹皮は樹齢を重ねるに従ってそれらしくなる。ただし、本来中国でいう「木犀」はギンモクセイのことであり、キンモクセイには「丹桂」という漢字を用いる。

 

・開花は10月で、その年にできた葉の付け根にオレンジ色の小花を密生させる。花は直径4ミリほどで先端が四つに裂け、雄花には二個の雄しべと先の尖った不完全な雌しべが一つある。花の裏側には緑色の萼があり、これも四つに裂ける。

 

・花の香りはギンモクセイよりも強く、中国ではキンモクセイの花を使って「桂花陳酒」や「桂花茶」を作って香りを楽しむという。花の寿命は意外と短く、開花期間は7~10日ほど。学名のOsmanthusは匂う花を意味し、日本ではジンチョウゲクチナシと共に三香木とされる。

 

・キンモクセイは雌雄異株であり、雄株には雄花が、雌株には雌花が咲くが、日本にはいつまで経っても雌株がほとんどなく、素人が果実を見ることはできない。このため繁殖はヒイラギを台木とした接ぎ木や挿し木による。果実はヒイラギと似たような楕円形。ちなみにウスギモクセイ(薄黄木犀)には果実ができる。

 

・葉は濃緑色で革質だがギンモクセイよりは薄く、触れるとカサカサする。長さ6~12センチほどで葉の幅はギンモクセイよりも狭いとされるが、個体差があって見分けるのは難しい。

 

・多くの場合、葉の縁にギザギザはないが、個体や環境によっては先端付近にのみ細かなギザギザができる。葉は枝から対になって生じるが、枝分かれが多いため密生する。

 

【育て方のポイント】

・土地を選ばずに育つが、花をより多く咲かせるには日向に植える必要がある。

 

・病害虫に強いが乾燥、潮風、煙害には弱く、空気が汚れていると花付きは悪くなる。東京の都心部では開花しないことが少なくない。

 

・成長は遅めであり、20年程度であればそれほど広い庭でなくとも垣根に使うことができる。樹齢を重ねるにつれて下枝がなくなりやすいため、上部を常に刈り込んで成長を抑制させると同時に、下から出た細い枝は、シュロ縄で誘引するなどして大事に育てたい。

 

・剪定の適期は花の直後あるいは早春。キンモクセイはその年に伸びた枝に花が咲くため、春から晩夏に刈り込むと花数が少なくなる。

 

【キンモクセイの仲間】

ギンモクセイ(銀木犀)

 花が白で、香りが劣る。また、葉を縁取るギザギザ(細鋸歯)がキンモクセイよりも目立つ。 

 

ウスギモクセイ

 薄い黄色の花が咲き、日本にも雌株があるため実ができる。果実は翌春になるとダークブルーになる。匂いはキンモクセイより劣る。関西地方に多い。

 

ヒイラギモクセイ(柊木犀)

 ギンモクセイよりさらに葉のギザギザが大きい。

 

・四季咲きキンモクセイ

 「スイートオリーブ」と名乗って流通する品種で、背丈が大きくならず、真夏以外は花をつけるというが、樹齢を重ねるとウスギモクセイとほぼ変わらなくなる。

キンモクセイの基本データ 

 

【分類】 モクセイ科/モクセイ属

     常緑広葉/小高木 

【学名】 Osmanthus frgrans

     var.aurantiacus

【別名】 丹桂(タンケイ)/モクセイ

【成長】 やや遅い

【移植】 簡単

【高さ】 3m~10m

【用途】 垣根/公園/街路樹

【値段】 300円~