エリカ/えりか

Heath

エリカ,草花,植物
ジャノメエリカは花を蛇の眼に喩えて命名
エリカ,植物,葉っぱ
エリカの葉(新芽)
エリカ,木の高さ
樹高は3mほどになるが・・・
エリカ,植物,種類
大きくならない「ダーレンシス」という品種もある
エリカ 種類
白花のエリカ
花期,えりかの木,ジャノメエリカ
花のない時季は杉のようにみえるため「ハナスギ」の別名がある
エリカの果実,植物
花の後にできる果実もスギの花のよう
エリカの木の樹皮
幹はアセビやネジキに似た雰囲気になる

【エリカとは】

・南アフリカ及び地中海沿岸のヨーロッパを原産とするエリカ属の低木の総称。ヒースと呼ぶことも多い。エリカという名前はギリシャ語で「破る」を意味するereikaに由来するが詳細は分かっていない。

 

・昭和の始めには多数の品種が輸入されたが、多くは環境が合わず淘汰され、耐寒性の高いわずかな品種が生き残った。

 

・日本でもっとも流通量の多い「ジャノメエリカ」は南アフリカのケープ地方を原産とする大型種。花の中心部にある黒い模様がよく目立ち、蛇の目に見えること、あるいは葉の出方が蛇の目に見えることから名付けられた。

 

・花は壺型で、小枝の先端に密生する、花の色は紅色で個体や品種によって濃淡がある。開花は12~3月で、開花しても実はならない。

 

・葉は針状で遠目には杉のように見える。ふつう3~6枚の葉が一まとまりになって生じる。常緑樹であり冬季でも葉は緑色を保つのが基本だが、霜の多い場所では褐色を帯びることもある。

 

【エリカの育て方のポイント】

・荒地を意味する「heath」がそのまま英語名になっているように、条件の悪い場所でも育つが、基本的には温暖で水はけの良い場所を好む。植栽の適地は関東地方以西の太平洋沿岸。

 

・エリカは属名であり、品種にって性質が大きく異なる。日本で馴染みの深いジャノメエリカなどのアフリカ系は夏の高温には強いが、寒さには弱い。エリカカルネアなどヨーロッパ系は寒さに強いが、暑さには弱い。

 

・剪定によって枝数を増やし、株立ち状に育てるのが普通。枝は細く繊細であり、折れやすい。

 

【エリカに似ている木】

・エリカモドキ

 東部オーストラリアを原産とするクノニア科の常緑低木で、日本ではアイノカンザシ(愛の簪)という名前もある。枝葉の雰囲気はエリカに似ているが、花の形は明らかに異なる。

えりか,花
エリカモドキ

エリカの基本データ 

 

【分類】ツツジ科/エリカ属

     常緑広葉/低木

【漢字】─(えりか)

【別名】ハナスギ/クロシベエリカ

    アフリカエリカ     

【学名】Erica Linn 

【英名】Heath

【成長】やや遅い

【移植】簡単

【高さ】0.2m~3m

【用途】公園/鉢物/生け花

    ロックガーデン

【値段】600円~

この木のレビュー(思い出話や豆知識をお気軽にどうぞ)

コメント: 2
  • #2

    管理人 (月曜日, 02 4月 2018 20:21)

    ジャノメエリカも私には紫系統に見えますが、もっと濃い色ならアクアレッドという品種でしょうか。折り紙や絵の具のような真紫の品種となると分かりません。色の話は人によて捉え方が様々ですので難しい面があります。高さ1m程度というのは十分にアリです。

  • #1

    チャオ (月曜日, 02 4月 2018 16:09)

    これは、葉は似ていますが、紫の花もありますか?高さは1mくらいのもありますか?