庭木図鑑 植木ペディア > アカモノ

アカモノ/あかもの/赤物

Akamono

アカモノ,樹木
開花期の様子

【アカモノとは】

・北海道、本州及び四国に分布するツツジ科の常緑低木。樹高は30センチほどにとどまり、葉も小さいため「草」のように見えるが、硬質な葉は冬季も落葉せず、「木」に分類される。高山~亜高山の岩場や草原に多いが、関西では低山にも育つ。

 

・アカモノという名は「アカモモ」が転訛したもの。「赤い桃」の意だが桃太郎でお馴染みのモモではなく、古い時代には食用になる果実全般を「モモ」と称した。 

あかもの,葉っぱ
葉は直径2センチほどで光沢がある
赤物,植物
先端は少し尖り、基部はやや丸みを帯びる
アカモノ,植物
縁には細かなギザギザがある

・アカモノの葉は長さ1.5~3センチ、幅1~2センチの長楕円形で先端は少し尖り、基部は丸みを帯びる。革質で表面にはツヤがあり、枝から互い違いに生じる。

つぼみ,ツボミ
蕾の様子
開花期
アカモノの花

・開花は5~7月。枝先や上部にある葉の脇から伸びた花茎に、ほんのりとピンク色を帯びた白い花が1輪ずつ、下向きに咲く。

 

・花は直径7~8ミリの釣鐘形で先端は五つに裂けて反り返る。萼は赤褐色でこれも五つに裂けるが、果実が熟す頃には肥厚して果実を包む。花の中央には柱頭(雌しべ)と10本の雄しべがある。

あかもの,開花時期
花の終わりの様子

・花の後にできる果実(偽果)は直径6ミリほど。果肉に見える赤い部分は肥大した萼であり、子房が肥大してできる本来の果実(真果)は内に隠れる。赤みを帯びた萼の部分は、ほのかな甘みと酸味があって食用となる。

果実
アカモノの実

・茎の下部は地を這うように横へ広がって根を出し、上部は多数に枝分かれして斜めに立ち上がる。若い枝、花序、萼には赤褐色の毛を生じる。

Gaultheria adenothrix
枝は地を這うように横へ広がる

 

 

【アカモノの育て方のポイント】

・自生は高山~亜高山であり、暑さに弱い。低地の都会で庭植えするのは難しく、鉢植えにした場合も、夏は風通しのよい半日陰に移動するなどの配慮が必要。

 

・花は前年に伸びた枝に咲くため、秋以降に剪定すると翌年の開花や結実が乏しくなる。

 

・自然樹形を楽しむ木であり、野趣を損なわないためにも手入れは最低限度にとどめる。病害虫の被害は少ない。

 

【アカモノに似た植物】

シラタマノキ

コケモモ

アカモノの基本データ

 

【分類】ツツジ科/シラタマノキ属

    常緑広葉/小低木

【学名】Gaultheria adenothrix

【英名】

【別名】イワハゼ(岩黄櫨)

【成長】やや遅い

【移植】簡単

【高さ】10~30cm

【用途】鉢植え/果樹

【値段】2000円~

目次=掲載草木一覧=サイトマップ

 

検索 植木ペディア内を検索します↓