庭木図鑑 植木ペディア > 山野草 > ハマギク

ハマギク/はまぎく/浜菊

Nippon daisy

はなことば
花言葉は「逆境に立ち向かう」
つぼみ,ツボミ
蕾の様子
はまぎく
花の様子
Nippon daisy,Japanese flower
開花は9~11月
ハマギクの葉
若葉の様子
ハマギクの葉
葉は無毛で表面には著しい光沢がある
Nippon daisy
裏面の様子
黄葉,紅葉
晩秋の様子
浜菊
若い茎は緑色だが・・・
ニッポンデイジー
古い株では木質化する

【ハマギクとは】

・本州北部(青森~茨城県常陸那珂市)の太平洋岸に分布するキク科ハマギク属の多年草。日本に350種ほど自生する野菊の中で最も大きな花を咲かせ、耐寒性が高いことから、観賞用として江戸時代から栽培される。日本固有種であり、英名はニッポンデージーという。

 

・北国の海辺に力強く咲く姿は時に人の生き様に擬えられ、東日本大震災後にはハマギクを復興の象徴とする動きが見られた。

 

・ハマギクの開花は秋(9~11月)で、茎の先に咲く直径6センチほどの花には特有の香りがある。白い花弁と黄色い花芯はマーガレットやデイジーに似るが、葉の質感はだいぶ異なる。

 

・葉は多肉植物のように肉厚で、表面には光沢があり、イエギクのように裂けることなく、ヘラ型になる。葉柄がなく枝から密生するが、よく見ると二枚の葉が対になって生じている。また、葉の先端の方は縁がギザギザになっているが、まったくギザギザのない葉もある。 

 

・茎は斜上し、高さ60~90センチほどになる。若い茎は緑色で弱々しいが、株が古くなると木のような質感になり、直径も10センチ近くになる。このためハマギクは亜高木として分類されることもある。 

 

【開花時期】

・9月~11月

 

【花の色】

・白(花の中央部は黄色)

 

【背丈】

・50~100cm

 

【ハマギクの品種】

・シャスターデージー

 本種とフランスギクの交配種で、園芸用として人気が高い。

 

【ハマギクに似ている草花】

ヨメナ

 白い花が咲く野菊で、ノコンギクに似るが、葉、茎に毛がないため見分けられる。

 

シオン

 九州及び中国地方の山間に見られる大型のキク。

 

・シラヤマギク

 こちらも草丈が1.5mほどになる大型のキクで、5~6枚の花弁を持った花がまばらに咲くのが特徴。

 

・ダルマギク

 日本海側に自生するキクで、短い茎の先端に柔らかな毛で覆われた丸い花を咲かせる。