庭木図鑑 植木ペディア > コハウチワカエデ

コハウチワカエデ(小羽団扇楓)

Kohauchiwa-kaede

コハウチワカエデ,いたやめいげつ,モミジ
山地の渓流沿いに自生し、別名をイタヤメイゲツという
コハウチワカエデ,花
新葉と花の様子
コハウチワカエデ,葉っぱ
若葉の頃は葉の両面が毛で覆われる
コハウチワカエデ,花
花はクリーム色でハウチワカエデとは全く違う
こはうちわかえで,小はうちは
葉は切れ込みが浅く、赤ちゃんの手くらいの大きさ(夏の様子)
イタヤメイゲツカエデ,紅葉
秋になると段階的に紅葉する
コハウチワカエデ,果実
種子の様子
コハウチワカエデ,紅葉
紅葉の様子
イタヤメイゲツカエデ,画像
枝葉はイロハモミジよりもまばらになる

【コハウチワカエデとは】

・本州、四国及び九州に自生する日本固有のカエデの仲間。ハウチワカエデに似るが、葉や樹形がより小型であるためコハウチワカエデと名付けられた。

 

・和風庭園で多用されるイロハモミジに比べると葉の切れ込みが浅く、丸みを帯びた柔らかな印象を与えるため、洋風住宅の庭でシンボルツリーとして使う例が増えている。

 

・ハウチワカエデは葉が直径10センチ以上になるが、本種は5~8センチ程度と小さめ。葉柄は2~5センチで花の直径と同じくらいになる。葉の裏面の葉脈や葉柄、若い枝に細かな毛が多いことが大きな特徴であり、他の似たようなカエデと見分けるポイントになる。若葉の頃は葉の表面にも白い毛が見える。葉の切れ目は普通、5~11ほどになる。

 

・5~6月に咲く花は画像のようなクリーム色であり、赤い花を咲かせるハウチワカエデとは大きく異なる。雌雄同株で花には雄花と両性花があり、15~20輪ほどの五弁花がまとまってぶら下がるように咲く。また、花の後にできる実は長さ1.5~2センチほどで、他のカエデ類と同様、プロペラ状になる。

 

・紅葉期には葉色の異なる葉が混在するばかりか、一枚の葉でも部分的に色合いが異なり、趣がある。山地の渓谷沿いなどに多く、水面に乗り出すように枝葉を広げて紅葉する様は美しい。

 

・別名イタヤメイゲツ(板谷名月)は、秋の名月の時期に落葉すること、月明かりでも十分に綺麗な紅葉を観賞できることに由来するメイゲツカエデ(ハウチワカエデ)に似るが、葉の様子がイタヤカエデに近いことにちなむ。

 

・樹皮は淡い青褐色で表面の凹凸は少ないが、樹齢を重ねると縦皺ができる。材は器具材として使う。

 

【育て方のポイント】

・より一般的なイロハモミジに比べると枝葉が少なく、大木にもなりにくいため管理の手間がかからないが、自生地は湿気が多く、かつ水はけの良い場所であり、乾燥の激しい場所では維持が難しい。植穴に腐葉土を施すなどして保湿性を確保したい。

 

・陽射しが強すぎる場所では葉焼けを起こし、綺麗な紅葉にならない。特に株元に夏の西日が当たるのはNGであり、下草を植えるなどして保護したい。 

 

・病害虫は少ないが、風通しの悪い場所では稀にアブラムシ、カイガラムシ、イラガの被害が見られる。

 

【コハウチワカエデの品種】

・笠取山(かさとりやま)

 原種に似るが樹高が3m程度にしかならず、葉が淡い緑色になる。

・相合傘(あいあいがさ)

 葉が七つに裂け、やや大きい。葉の緑が濃く、毛も多い。

・袖の内(そでのうち)

 生育が遅く、葉が密生する品種。葉は小さく、9つに裂ける。

 

【似ている木】

・ヒナウチワカエデ

 福島県以西の本州、四国及び九州に自生するカエデの仲間。葉の切れ込みがコハウチワカエデより深い

雛団扇楓
ヒナウチワカエデ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コハウチワカエデ 【里の木シリーズ】庭木 落葉樹 記念樹 もみじ 苗
価格:745円(税込、送料別) (2018/12/22時点)

楽天で購入

コハウチワカエデの基本データ

 

【分類】ムクロジ科 カエデ属

    落葉広葉樹 

【学名】Acer sieboldianum 

【別名】イタヤメイゲツ

【成長】やや遅い

【移植】簡単(大木は難しい)

【高さ】10~15m

【用途】公園/雑木の庭/洋風庭園/切花

【値段】2,000円~