庭木図鑑 植木ペディア > コデマリ

コデマリ/こでまり/小手毬

Kodemari(Reeves Spirea)

コデマリ,開花時期
開花時期は4~6月 花言葉は「努力」「友情」など 
小手毬,樹木,こでまり
コデマリの冬芽
コデマリの葉っぱ,画像,こでまり
葉は長さは2~4センチほど(新緑の頃)
コデマリの枝,画像,特徴
葉は互い違いに生じ、若い枝葉は赤味を帯びる
ツボミ,つぼみ
コデマリの蕾
ユキヤナギとコデマリの違い
遠目にはユキヤナギに似るが、花の付き方が全く異なる
こでまりの木の花
直径1センチほどの小さな五弁花に、25本前後の雄しべがある
コデマリ,剪定,樹形
下手に剪定すると枝は勢いよく立ち上がる
こでまりの垣根
列植して生垣にする例もあるが冬季はスカスカに
コデマリ,種子
秋に熟す果実はあまり目立たない
コデマリの木,紅葉
コデマリの紅葉
コデマリ,樹皮
無数の枝が出て、株立ち状に育つ

【コデマリとは】

・中国中部~南部に自生するバラ科の落葉低木。春から初夏に咲く花と清楚な枝の雰囲気が好まれ、公園や庭園に植栽されるほか、切花用に栽培され、生け花では脇役として多用される。

 

・開花期には小さな花が手毬状になって枝先に並ぶため、同じ頃に咲くオオデマリに対してコデマリと名付けられた。オオデマリはレンプクソウ科でヤブデマリの品種だが、花序(花の集りは直径5~10センチ。コデマリの花序は直径3~5センチほどで明らかに小さい。

 

・日本へ渡来した時期は不明だが江戸時代からコデマリと呼ばれ、庶民の間で親しまれてきた。中国名は「小粉団花」あるいは「麻葉繍毬」。日本では連続する花の様子を、山伏が首に掛ける「鈴懸」に見立てたスズカケ(プラタナスと同じ理屈)や、中国名に由来すると思われる「団子花」という別名がある。

 

・コデマリの開花は新葉の展開と同じ4~6月。ユキヤナギと混同されやすいが、直径1センチほどの円形の花が10~20輪ほど集まって手鞠状になる。なお、年末年始に切花として出回るのは、促成栽培されたもの。

 

・花の後には直径2ミリほどの果実ができ、8~10月になると褐色に熟す。食用にならず見栄えもしないことや、挿し木や株分けで容易に増やせるため、果実や種子はあまり見向きされない。

 

・葉は菱形に近い楕円形で、ヤマブキに似る。先端が尖り、基部はクサビ形。葉の上半分の縁には細かなギザギザがあり、両面とも無毛だが裏面は粉を吹いたように白くなる。葉は長さ2~4センチほどだが個体差があり、葉が極端に大きいものや小さいものを、品種として扱うことがある。

 

・コデマリに主だった幹はなく、地際から細い茎が多数生じて株立ち状になる。成長に伴ってよく分岐し、枝先は同じ方向に垂れ下がりやすい。

 

【コデマリの育て方のポイント】

・花木の中では日陰や寒さに強い部類で、北海道南部から沖縄まで植栽できる。やや湿った肥沃な土地を好むが丈夫な性質を持ち、場所を選ばずに植えることができる。 

 

・花数を多くしたい場合は日向に植えた方がよいが、建物の北に面した庭にも使われ、半日陰程度なら花も咲く。

 

・刈り込みに強いが弓なりに伸びた自然樹形を観賞するのが基本。大きな庭で放任するのが理想だが、スペースに制約がある場合、3~4年に一度、全ての幹(茎)を地際で刈り取れば、小さく育てることができる。

 

・花は前年に成長した枝から出る新枝の先端に咲くため、秋以降に剪定すると花が咲かないこともある。剪定の適期は花の直後。枝が硬いため剪定はややしづらい。

 

・株が大きく成りすぎると木の勢いが衰えて花付きが悪くなるため、定期的に株分けするとよい。

 

・苗木はさかんに流通しているが、すでに手持ちの株がある場合、前年度の枝を3月頃に切り取って挿せば簡単に増やすことができる。

 

・病害虫は少ないが、混み入った枝葉を放置して通風が悪くなるとアブラムシや、うどん粉病の被害に遭うことがある。また乾燥が続いた場合、早期に落葉することがある。

 

【コデマリの品種

八重咲きの「ヤエノコデマリ(ヤエコデマリ)」や、葉に模様が入る「斑入りコデマリ(ピンクアイス)」、若葉が黄色になる「オウゴンコデマリ(キバコデマリ)」などが知られる。特にピンクアイスは人気が高い。

小手毬,品種,葉が黄色い
黄金コデマリは新葉が美しい

 

【コデマリに似ている花木】

 オオデマリ  ユキヤナギ

 シジミバナ  シモツケ

 イワシモツケ トサシモツケ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

庭木:小手毬(コデマリ)
価格:2750円(税込、送料別) (2021/5/4時点)


コデマリの基本データ

 

【分類】バラ科/シモツケ属

    落葉広葉/低木

【漢字】小手毬/小手鞠

【別名】スズカケ/テマリバナ

    ダンゴバナ(団子花)

【学名】Spiraea cantoniensis

【英名】Reeves spirea

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】1m~2m

【用途】花木/切り花/公園 

【値段】500円~