コウゾ/こうぞ/楮

paper mulberry

コウゾの木の花
春に雌雄それぞれの花が咲く
paper mulberry,tree
冬芽の様子
楮の新芽
新芽の様子
楮の木の葉っぱ
開花と同時に開く新葉は赤味を帯びる
楮,葉,形,特徴
若い木の葉はこうした形だが・・・
paper mulberry,picture.tree
樹齢を重ねると「普通」の葉っぱになるものが多い
楮の木,葉の形,こうぞ
裏面の様子
paper mulberry,fruits
花の終わりの様子
楮,こうぞ,実,食べる
コウゾの実は甘みがあって食べられる(画像は破裂したもの)
楮,樹木,特徴
樹高は5m程度になる
和紙,原料,木
樹皮からは最高級の和紙ができる

【コウゾとは】

 

ヒメコウゾカジノキの雑種で、本州から沖縄まで日本各地の山地に分布する。コウゾという名前の由来は、神に献じる布(紙衣あるいは神麻=かみそ)の材料にしたことにちなむなど諸説ある。日本のほか、朝鮮半島や中国でも見られる。

 

・樹皮は強靭な繊維を持ち、最高級の和紙を作る材料として知られる。このため江戸時代にコウゾは、クワウルシチャと並ぶ「産業の四木」とされ栽培が進んだ。現在、目にするコウゾの多くは自生ではなく、栽培品が野生化したものと考えられる。

 

・他のクワ類同様に、葉の形は場所や環境によって様々に変わるが、若木の多くは画像のような切れ込みが入り、木が古くなると葉は小型化する。

 

・花期は葉の展開と同じ4~5月。雌雄同株であり、白い雄花は若い枝の付け根に集まって咲き、緑色の球形をした雌花は、その上部の枝に咲く。雄花も雌花も小さな花が球形に集まってできているが、雌花には赤紫の毛が生えているように見え、雌雄の雰囲気はだいぶ異なる。

 

・雌花の後には球形の果実ができ、6月頃に熟す。キイチゴのような外見だが甘味があり、生で食べることができる。

 

・製紙用に栽培する場合、枝を伐採しやすいよう低く管理するが、放置すれば樹高は5m、幹の直径は20センチ程度まで育つ。樹皮の繊維はミツマタやガンピよりはるかに長く、手漉きの場合はそれらよりも優れる。また、古い時代には布を織ることにも使われた。

 

【育て方のポイント】

・日向を好むが半日陰程度なら問題なく育つ。

 

・丈夫な性質を持ち、ほとんど手をかける必要はない。

 

・自然樹形は株立ち状で、剪定もこれに倣って行う。

 

【コウゾの品種】

・斑入りコウゾ

 葉に白い模様が入る品種で、園芸用として稀に流通する。  

斑入り楮の木
フイリコウゾ

 

【コウゾに似ている木】 

カジノキ~コウゾより葉や実が大きい。

・ツルコウゾ~九州の山地に多い品種で、枝が蔓状になる。

 

コウゾの基本データ

 

【分類】クワ科 コウゾ属

    落葉広葉 低木

【学名】Broussonetia

        kazinoki Sieb.

【別名】ヒメコウゾ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】2m~5m

【用途】公園

【値段】1500円~