ケヤキ/けやき/欅

Zelkova

Zelkova,picture
雄大な樹形となるケヤキの木
欅,けやき,ふゆめ
ケヤキの冬芽
槻,芽吹き
枝によって芽吹きのタイミングが大きく異なる
ケヤキの花,画像
新葉の展開と共に花が咲く
ケヤキの花,めばな,写真
雌花の様子
欅,雌雄,花が咲く
雄花の様子
欅,葉,画像,けやき
ケヤキの葉っぱ
leaf of zelkova
葉の裏側の様子
槻,種子,欅,けやき
ケヤキの実
けやきの木の実
熟すとこんな感じになる
ケヤキの剪定,ダメ
都会では強度に剪定され、うな垂れているが・・・
欅の紅葉,けやき,画像
本来は上へ広がり、条件がよければ美しく紅葉する
欅,けやき,画像
郊外の農家にはケヤキの大木が多い
欅,樹皮
ケヤキの幹
欅,大木,巨樹,けやき
巨木の根は大地を握りしめる

【ケヤキとは】

・北海道西南部から九州まで、日本全国の山地や丘陵に自生する落葉高木。新緑、紅葉のみならず冬季の佇まいも美しく、日本を代表する巨木の一つだが、朝鮮半島や中国にも自生する。日本では特に関東地方の土質(関東ローム層)に馴染み、「武蔵野」の風物詩となっているが、宮城県や福島県の木でもある。

 

・関東近郊に立派なケヤキが多いのは、徳川幕府がその植栽を推奨したことにちなむ。江戸時代には橋げたや船、海苔を養殖する粗朶(そだ)作りに使われ、その後も立派なケヤキのある家は格式が高いとされた。通常は樹高25m、直径2m程になるが、大きな木では樹高30m、直径5mにもなる。

 

・古代においては、強い木を意味する「槻(ツキ)」と呼ばれていたが、16世紀頃から欅(ケヤキ)と表記されるようになった。ケヤキは「けやけき木」で、他の木より一際目立って樹形が端整であることや、木目が美しいことを意味する。

 

・ケヤキの材は乾燥させても寸法が狂いやすいが、かなりの時間、寝かせれば落ち着き、木目も美しいため、お盆やお椀といった工芸品や、築千年を超える神社仏閣の柱まで幅広く使われる。

 

・下枝(横枝)が少なく、樹冠が大きいため、人が集う場所に木陰を作る木として使われる。秋には葉がオレンジから黄色に淡く色づく。

 

・雌雄同種で、あまり目立たないものの、春の芽出しと同時に画像のような黄緑色の花を咲かせる。花には雄花、雌花、そして両性花がある。

 

・ケヤキの樹皮は灰褐色で平滑だが、樹齢を重ねた古木になると、画像のように樹皮が剥離し、晴れた日には神々しく輝く。

 

【育て方のポイント】

・基本的には病害虫に強いが、枝葉が密生して風通しが悪くなるとアブラムシの被害に遭うこともある。また、日向を好む代表的な樹種であり、日陰では健全に育たない。

 

・剪定にはかなり強いが、大木になるため相当なスペースが必要。現代の一般的な家庭には不向き。強剪定を行うとシダレヤナギのような枝葉が生じる。

 

・肥沃な深層土を好み、ケヤキ自体も大量の葉を落として土地を肥やす。その反面、掃除がやや面倒。街路樹として都会でも使われるが、大気汚染に耐えるため年に何度も落葉することがある。

 

・乾燥に弱く、梅雨に雨が少なくて夏の暑さが厳しいと、早期に黄葉、落葉することがある。

 

【ケヤキの品種

・葉に模様が入る「斑入りケヤキ」や、背丈が小さく枝幅が広がりにくい「武蔵野ケヤキ(むさしの1号、2号)」、枝が垂れる「シダレケヤキ」などがある。

欅,種類,特徴
斑入りケヤキ
細い欅, 品種,特徴
武蔵野ケヤキ
枝垂れ欅,しだれけやき
シダレケヤキ

ケヤキの基本データ

 

【分類】ニレ科 ケヤキ属

    落葉広葉 高木

【学名】Zelkova serrata

【別名】ツキノキ/ツキ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】20m~30m

【用途】公園/街路樹/寺社

【値段】1000円~