庭木図鑑 植木ペディア > クロフネツツジ

クロフネツツジ/くろふねつつじ/黒船躑躅

Kurohune-tsutsuji

くろふねつつじ,ツツジの女王
各地の公園に植栽される落葉性ツツジの代表種
くろふねつつじ,花
雄しべの半分は長く突き出る
クロフネツツジ,葉っぱ
新葉の様子
特徴
葉は枝先に5枚ずつ
くろふねつつじ,紅葉
秋以降は紅葉、落葉する
落葉性ツツジ,くろふねつつじ
幹は灰褐色で規則的に分岐する

【クロフネツツジとは】

・中国東北部及び朝鮮半島を原産とする落葉性のツツジ。日本に渡来したのは、ツツジの栽培が盛んだった江戸時代の寛文8年。当時「黒船」と呼ばれていた西洋の貨物船によって運ばれたため、クロフネツツジと名付けられた。

 

・クロフネツツジの開花は他の落葉性ツツジ類と同じ4~5月で、新葉の展開と同時に、枝先に1~3輪ずつ開花する。花は漏斗型で直径は6~7センチほど。その大きさと豪華な雰囲気から「ツツジの女王」と称され、特に韓国では普及している。

 

・花色は淡いピンク色あるいは白色で先端が五つに裂け、内側の上方には紅色の斑点模様が入る。雌しべ1本で花柱(雌しべ)と子房には腺毛があり、10本ある雄しべのうち5本は長く突き出す。

 

・葉もツツジとしては大きめの卵形で、直径は5~8センチほど。枝先に5枚ずつ束になって生じる。表面は濃緑色で裏面は緑白色。環境が良ければ秋に綺麗に紅葉あるいは黄葉する。 

 

【クロフネツツジの育て方】

・寒さに強いが高温多湿に弱く、都市部では夏の厳しい暑さで傷みやすい。

 

・基本的に丈夫な性質を持ち、土質を選ばずに育つ。

 

・半日蔭でも耐えられるが、花を十分に楽しむには日向に限る。

 

・剪定は花の直後、遅くとも夏までに限るが、樹形を大きく乱すような枝が発生した場合は適宜、根元から切り除く。

 

【クロフネツツジに似た花木】

ゲンカイツツジ

ミツバツツ

アカヤシオ

クロフネツツジの基本データ

 

【分類】ツツジ科ツウtジ属 

    落葉広葉 低木

【学名】Rhododendron schlippenbachii

【別名】カラツツジ(唐躑躅)

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】3~5m

【用途】庭園/公園/鉢植え

【値段】1500円~