庭木図鑑 植木ペディア > ギョイコウ

ギョイコウ(御衣黄)

Gyoikou(Japanese flowering cherry)

緑色のサクラ,sakura
咲き始めは緑だが、のちにカラフルになる
御衣黄,桜,特徴
冬芽の様子
ミドリザクラ,キザクラ
別名を緑桜あるいは黄桜という
ウコン桜とギョイコウ桜,見分け
花弁の先端がやや反り返るのがウコンとの違い
ギョイコウザクラ,特徴
花の裏側はオオシマザクラと共通するものがある
ギョイコウ桜,葉っぱ
新葉の様子
御衣香,サクラ,葉
葉の裏面の様子
ギョイコウ,桜,紅葉
紅葉も比較的美しい

 

【ギョイコウとは】

・サトザクラと呼ばれるオオシマザクラ系の園芸品種の一つで、江戸時代中期以前に京都の仁和寺で生み出されたとされる(諸説あり)。萌黄色の花弁を貴族が纏っていた衣装の色に見立てて「御衣黄」と命名された。

 

・開花は他のサトザクラと同様の4月下旬~5月上旬でソメイヨシノより半月ほど遅い。数あるサクラの中でも最も遅く咲き、この花が終わると初夏が訪れる。

 

・花の直径は4~5センチほどで、12~14枚ほどの花弁が重なった八重咲になる。咲き始めはほぼ黄緑色で、遠目からは葉の色と区別がつかないほどであるが、開花から数日経つと黄色っぽい花となり、やがてピンク色のストライプが入る。

 

・ギョイコウと花色が近いサトザクラにはウコン(鬱金)があるが、ギョイコウの花弁はより小さくて細長い。開花はギョイコウの方が少しだけ遅い。

 

・樹皮は暗褐色で樹齢を重ねると横筋が入る。幹だけで他のサトザクラと見分けるのは難しい。

 

【育て方のポイント】

・他のサクラ同様に、日当たりと栄養のある土地を好む。

 

・丈夫な性質を持つが、他のサクラ同様に剪定を嫌うため、植栽には相当なスペースが必要となる。やむを得ず剪定する場合、切り口は殺菌剤等で処置する。

 

・害虫が発生しやすいため、消毒が必要となる。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黄桜『 御衣黄( ギョイコウ )』 接ぎ木 10.5cmポット 苗木
価格:1280円(税込、送料別) (2019/1/26時点)

楽天で購入

ギョイコウの基本データ

 

【分類】バラ科 サクラ属

    落葉広葉 中高木 

【学名】Cerasus lannesiana 'Gioiko'

【別名】五色桜/黄桜/緑桜

【成長】早い

【移植】ふつう

【高さ】5~10m 

【用途】公園/花木

【値段】1、500円~