庭木図鑑 植木ペディア > カマズミ

カマズミ/がまずみ

Japanese bush cranberry

ガマズミの実,画像
秋にできる実は、表面に粉が吹けば生食できる
ヨツズミ,がまずみ,芽
ガマズミの冬芽
がまずみ,新芽
芽出しの様子
ガマズミの葉っぱ,写真
若葉はシワシワ
シモフリグミ,がまずみ,葉っぱ
夏には直径8センチほどまで大きくなる
シモフリグミ,葉っぱ,ガマズミ,特徴
葉の裏側の様子
ガマズミ,ツボミ,画像
蕾の様子
ガマズミの花,特徴
5~6月になると小さな白い花がたくさん咲いて・・・
ガマズミの花,時期
大きな花序を作る 花言葉は「結合」「私を無視しないで」など
ガマズミの花
花の時期の様子
がまずみ,実
花の後には赤い実ができ・・・
ガマズミの紅葉,黄葉
紅葉を経て落葉後も枝に残る
がまずみの生垣
垣根に使われることもあるが、あまり適切ではない
がまずみ,樹木
若い木の幹

【ガマズミとは】

・北海道から九州にかけた広い範囲の雑木林で普通に見られる低木。かつてはあえて庭に植えるような木ではなかったが、環境の変化に伴って庭木として使われるようになった。日本のほか中国や朝鮮半島にも自生が見られる。

 

・名前の由来には、材を農具の柄(鎌柄)に使ったことと、実が酸っぱいこと(酸実)から「ガマズミ」となったという説や、実を衣類の染料(すり染め)に使ったことから来ているとする説などがある。ちなみに雪国でお馴染みのカンジキの材料にも使われる。

 

・花期は5月~6月で写真のような白い小花を群生させる。花には独特の香りがある。

 

・秋に熟す実は野鳥が好んで食べる。できたての実は酸味が強すぎるものの、晩秋になれば甘味が増すため人間も生食できる。食べごろは表面に白い粉が吹いた頃。色合いが良いため大根などの漬物を赤く染める着色料や果実酒として使う。

 

・ガマズミの葉は直径10センチほどと大きく、オオデマリと同じようにはっきりとした葉脈がある。写真で見ると光沢があるように見えるが両面に毛が生え、触れるとザラザラする。植え場所が良ければ美しく紅葉するケースもある。

 

【育て方のポイント】

・丈夫な性質を持ち、管理しやすい。土質を選ばずに育ち、肥料もほとんどいらない。庭木としてもっと普及してもよい木の一つである。

 

・半日陰程度までは耐えるが、花や実を十分に楽しむには日向に植える。

 

・萌芽力はあるが自然樹形を楽しむ木であり、全体を刈り込むような手入れは不向き。垣根などには向かない。剪定は冬季に乱れた枝を根元から取り除く程度にとどめる。

 

【ガマズミの品種】

・斑入りガマズミ

 葉に白い模様が入る品種で、模様の入り方の微妙な違いによって様残に命名される。

斑入りガマズミ
斑入りガマズミ
種類
「金華山」は斑入りガマズミの一つ

【ガマズミの品種

ガマズミの仲間は多いが、特に知られるコバノガマズミ、ミヤマガマズミとガマズミの葉を比べてみると以下のとおりで、コバノガマズミはガマズミよりも葉が小さく多少細長いことや、ミヤマガマズミはより細長いことが分かる。

 

ガマズミの仲間は他に、オニコバノガマズミ、チョウジガマズミ、オオチョウジガマズミ、シマガマズミ、ニオイガマズミ、キミノガマズミ、カンボクなどがある。

ガマズミ 種類 見分け
     左からガマズミ、コバノガマズミ、ミヤマガマズミ
しまがまずみ
シマガマズミは伊豆諸島の固有種で絶滅が危惧される

カマズミの基本データ

 

【分類】レンプクソウ科/ガマズミ属

     落葉広葉/低木

【学名】Viburnum dilatatum

【別名】ヨツズミ/ヨシヅミ/ヨソゾメ

    シモフリ/シモフリグミ

【成長】普通~やや早い

【移植】簡単

【高さ】2m~3m

【用途】雑木の庭/公園 

【値段】1000円~