カリン/かりん/花梨

chinese quince tree

花梨,果実,画像
生では食べられず 龍角散のど飴などに使われる
かりん,木
ツボミと新葉の様子
花梨の木の画像
新葉は赤みを帯び、細かな毛がある
カリン,花木
華やかな花だが香りはない
カリンの開花時期
開花時期は4月で、薄ピンク色の五弁
カリンの木の花,画像
花の頃は木全体がピンク色に見える
花梨の葉っぱ,画像
カリンの葉は縁にギザギザがある
カリンの木,葉
裏面の様子
chinese quince tree
新緑の頃の様子
かりん,実,食べられる
でき始めの実の様子
花梨の実,画像
未熟な実は上向きにでき、ユニークな雰囲気に
chinese quince tree,fruits
実が熟す頃には台風で落下することが多い
花梨,紅葉,画像
紅葉の頃の様子
chinese quince tree
枝にはトゲ状のものがある
カリンの樹皮
年を経るにつれて樹皮が剥離する
カリンの盆栽
実がなる盆栽として人気がある

 

【カリンとは】

・冬の庭を彩る実はもちろんのこと、春に咲くボケに似た花や紅葉が美しく、古くから庭木として使われる。原産地は中国。

 

・10月頃に黄色に熟す実は直径10センチ程度にもなる大型。見た目はおいしそうだが、酸味、渋みともに強く、生では食べられない。砂糖漬け、のど飴の原料、カリン酒、製菓用に使うのが一般的。乾燥させたものは、ボケの実とともに、生薬「木瓜」として、痰や咳止め、利尿、鎮痛等に使われる。できるだけ完熟させてから収穫すると香りが強くなる。

 

・4月に咲く花はピンク色の五弁花で香りはない。

 

・樹齢を重ねるほどに独自の模様を作る幹にも趣があり、盆栽にも使われる。独特の枝振りから「実もの盆栽の王様」と称される。

 

【育て方のポイント】

・比較的涼しい気候を好み、東北や信州地方での栽培が多い。

・肥沃で水はけの良い場所を好む。

・花芽は枝の先端にできるため、下手に切り戻すと花や実ができない。元来、花は少なめであり花木としてはあまり見栄えがしない。

・若い枝には棘があるため注意する。

 

【カリンとマルメロの見分け方】

・カリンとマルメロは似たような果実ができるため、しばし混同されるが、カリンの樹皮は上の写真のように剥がれ落ちる特徴を持つ。 

カリンの基本データ

 

【分類】バラ科 カリン属

    落葉広葉 高木

【学名】Chaenomeles sinensis

【別名】カラナシ/本カリン

    アンランジュ/マルメロ

【成長】早い

【移植】普通

【高さ】6m~10m

【用途】果樹/公園/盆栽

【値段】800円~