庭木図鑑 植木ペディア > カジイチゴ

カジイチゴ/かじいちご/梶苺

Japanese wild raspberry

カジイチゴの木の花
4~5月に大きめの白い花が咲く
唐苺,蝦夷苺
冬芽の様子
カジイチゴの木の葉
新葉の様子
ツボミ,つぼみ
蕾の様子
カジイチゴの花
花は上向きに咲き、モミジイチゴとは異なる
梶苺の木の葉
カジノキに似るという葉の様子
かじのき,果実
花の後の様子
木苺の実
カジノキの果実は甘酸っぱい
トウイチゴ、エゾイチゴ
枝に棘がないのも他との違い

 

【カジイチゴとは】

・本州中南部の太平洋側、四国、九州及び伊豆諸島に分布するバラ科キイチゴ属の落葉低木。葉の形がカジノキに似ているとしてカジイチゴと命名された。

 

・海岸や海岸近くの山地に自生するが、早春の芽出しの象徴として生け花の花材等に用いるため、庭木に利用されることも多い。

 

・葉は長さ10~20センチの大きな掌状で、浅く3~7つに裂け、縁には大きなギザギザがある。厚めで表面には光沢がある。茎は鮮明な緑色で親指ほどの太さ。若い枝にはトゲがあるが、成木には全くトゲがない。

 

・開花は4~5月。葉の付け根から伸びた枝の先に、直径3~4センチの白い花が3~5輪ずつ上向きに咲く。

 

・花の後にできる果実は直径2~4センチの球形で、4月末から5月になると赤みのある淡い黄色に熟す。甘酸っぱく、生で食べることができる。

 

・生け花の世界でキイチゴと呼ぶのは本来のキイチゴ(モミジイチゴ、ナガバモミジイチゴなど)ではなく、本種であることが多い。別名のトウイチゴ(唐苺)とエゾイチゴ(蝦夷苺)は外来種と誤認されたことによる。

 

【育て方のポイント】

・日なたを好むが半日陰程度なら十分に育つ。繁殖力が高く、一旦根付くと地下茎が広がって株が大きくなる。

 

・太めの幹(茎)が高さ2m程度まで伸び、枝分けれも多いため狭い庭には向かない。

 

・丈夫な性質を持ち、株分けによって増やすことができる。

 

【カジイチゴに似ている木】

・ヒメカジイチゴ

 名前のとおり花や葉が小型の品種。

ひめかじいちごの木
ヒメカジイチゴの花
姫梶苺
ヒメカジイチゴの葉

カジイチゴの基本データ

 

【分類】バラ科 キイチゴ属

    落葉広葉 低木(半常緑)

【学名】Rubus trifidus Thunb.

【別名】トウイチゴ/エゾイチゴ

    キイチゴ

【成長】早い

【移植】簡単

【高さ】2m~3m

【用途】花木/公園/切花

【値段】800円~