カキ(柿)

Persimmon tree

柿の木 樹木
甘柿は日本独自のもの
柿の芽
冬芽の様子
柿の木,新芽
芽出し前の様子
柿の芽
新芽の様子
柿の花 画像 時期
花は初夏(5月ころ)に咲く
leaf of Japanese persimmon
お茶やスシに使われる柿の葉
persimmon fruit
未熟な柿の実
柿の木の画像
熟した柿の実は青空に映える
柿の紅葉 黄葉
紅葉の美しさも見所の一つだが、美しく紅葉するものは少く・・・
柿の木の紅葉
たいていはこのまま台風で飛ばされる
カキノキ 画像
樹高は20mを超えるものも
柿の木 幹
柿の木の樹皮は網目のようなヒビが入る

 

【カキとは】

・秋の味覚を代表するカキは、中国や日本を主とする東洋特有の果樹でカキノキ科に属する。日本では本州から九州の山地を原産とし、東日本は渋柿、関東以西は甘柿が多い。なお、甘柿は日本独自のもの。日本は原産地ではなく、奈良時代以前に中国から渡来したものが普及したとする説もある。

 

・カロチンやビタミンが豊富な実は食用となるのはもちろん、天高い秋の青空に映え、日本の秋を彩る風物詩となっている。また、あまり注目されないが5~6月には画像のような花が咲く。 

 

・葉は大きな卵形。皮質で光沢が美しく、品種によっては紅葉にも観賞価値がある。若葉はビタミンCをたくさん含み、殺菌作用もあることから「柿の葉茶」や「柿の葉寿司」に使われる。葉の長さは7~15センチ、幅は5~10センチほど。枝から互い違いに生じ、葉の裏面は短毛で覆われる。

 

・甘柿、渋柿ともに未熟なうちは渋い。前者は熟すにつれて甘味が出る。渋柿は干し柿として食すのが普通で、収穫した渋柿の実全体にアルコールを噴霧し、密閉して作る。

 

・柿の木は折れやすく、植木屋泣かせで知られるが材は硬く、ゴルフクラブのヘッドに使われる。カキの材でクロガキというものがあるが、これは品種ではなく、黒い材あるいは黒い縞模様が入った材そのものをいう。日本産の材木で黒いものは珍しく、模様が味わい深い上、普通のカキよりも硬質であるため重用されるが、立木の段階ではクロガキかどうか判別できない。クロガキは茶室の床柱、茶道具などに使われる。

 

・カキの語源については、「赤木」(赤い実がなる木)からとする説など諸説ある。

 

【育て方のポイント】 

・日当たりさえ良ければ、土質を選ばず丈夫に育つが、寒さや降雪の激しい北海道では育てられない。

 

・実がなる年とならない年の差が大きいため、摘果(間引き)を行う。

 

・異なる品種を複数植えると実のなりが良くなる。

 

【カキの園芸品種】

・多数の園芸品種がある。甘柿としては「次郎」「富有」「駿河」「御所」が有名。渋柿としては「平核無」「西條」「堂上蜂屋」が知られる。また、実が小ぶりなヤマガキ、マメガキロウヤガキなど、もっぱら生け花や盆栽に使われる品種もある。

カキの基本データ

 

【分類】カキノキ科 カキノキ属

    落葉広葉 中高木

【学名】Diospyros kaki

【別名】朱果(シュカ)/赤実果(セキジツカ)

    ヤマガキ/シナノガキ

【成長】難しい

【移植】やや早い

【高さ】3m~20m

【用途】果樹/盆栽/鉢植え

【値段】800円~20000円