庭木図鑑 植木ペディア > サルスベリ

サルスベリ/さるすべり/百日紅

Crape myrtle

開花時期,さるすべり
夏本番になると開花し始める 
サルスベリの木の芽
冬芽の様子
百日紅,葉っぱ,画像
サルスベリの葉は軸が赤い
百日紅の葉,さるすべり
盛夏には葉が大きく、そして厚くなる
百日紅の木
裏面は葉脈が目立つ
さるすべりの木
蕾の様子
サルスベリの開花期間,さるすべり
花の時期は7月下旬から10月上旬 
百日紅の木,開花
真ん中の黄色い雄しべは偽物で、その周囲にある長い触手のようなものが本物
百日紅の花の色,種類
花の色はピンク、紅、白、紫、それらの中間色がある 
百日紅,種類,さるすべり
白とピンクが混じった花
百日紅の花の色,むらさき,開花期
紫色のサルスベリはシマサルスベリとの雑種
百日紅,果実,種子
未熟な実の様子
サルスベリの実,画像
10月頃に熟す実の中には無数の種が入っている
Crape myrtle
サルスベリの紅葉
百日紅,紅葉,画像
環境が良ければ真っ赤に紅葉することもある
さるすべり,樹皮
ツルツルの幹に触れると、ほんのり冷たい

【サルスベリとは】

・中国南部を原産とするミソハギ科サルスベリ属の落葉高木で、日本全国の街路、公園及び庭園等に植栽される。成木の幹は樹皮が剥げ落ちてツルツルしており、木登りが得意な猿さえも登るのが難しいとして「猿滑り」と名付けられた。

 

・花が少ない夏季の貴重な花木であり、梅雨明けから初秋までの長い期間に渡って花を楽しむことができるため「百日紅(ヒャクジッコウ)」という別名がある。実際の花期は2か月ほどだが、他の庭木に比べれば格段に長い。花の径は3~4センチ。花色はピンク、白、赤、藤色などで品種によって異なる。

 

・サルスベリが日本へ渡来したのは元禄年間(江戸時代)以前とされる(諸説あり)。当初は寺院など仏教関連の施設に植栽されることが多かったが、これは幹の雰囲気が日本で沙羅の木としているヒメシャラナツツバキに似ているため。

 

・一部の地方では、ヒメシャラやナツツバキ、あるいは同じような幹になるリョウブのことを方言でサルスベリと呼ぶが、まったくの別物である。なお、サルスベリの幹がそれらしくなるのは植え付け後、7,8年経過してからのこと。幹の直径は最大で30セントほどになる。 

 

・花は枝先に伸びた花序に多数生じ、下から順に咲き上がる。雌雄同株で、縮れた6枚の花弁に囲まれるように、1本の長い雌しべと多数の雄しべがある。最も目立つのは先端(葯)が黄色くて短い雄しべだが、これは虫をおびき寄せる見せかけのもの。実際に生殖能力を持つのは、周辺部にある長い6本の雄しべで、その先端は紫色っぽい。

 

・花の後にできる果実は直径7ミリほどで、秋に熟すと6つに裂けて種子が現れる。種子の上部には翼があり、これによって拡散されるが、挿し木で増やすこともできる。

 

・葉は長さ5センチ前後、幅2~3センチの丸みのある楕円形で縁にギザギザはなく、イボタノキに似る。葉の先端が尖るもの、尖らないものがあり、葉の出方も枝によって異なる。若い枝では葉が対になって生じるが、多くはコクサギと同じように2枚単位で左右交互に生じる。両面とも無毛で葉柄はほとんどない。秋に黄あるいはオレンジ色に紅葉する。

 

・材は硬質かつ緻密であり、幹と同じようにすべすべしている。曲がりくねった様子に趣があり、耐久性も高いため、皮つきのままで床柱や杖、コマやけん玉などの玩具に使われる。

 

・サルスベリの近縁種には、屋久島に見られるヤクシマサルスベリや台湾などの亜熱帯に自生するシマサルスベリがあり、両方とも白い花を咲かせる。サルスベリの園芸品種はこれらを掛け合わせたもので、花の色は白、ピンク、赤、紫がある。最も数多く植栽されているのはインディカという品種。

 

【サルスベリの育て方のポイント】  

・乾燥や潮風に強く、丈夫な性質を持つが、代表的な「陽樹」であり、植え場所は日向に限る。また、基本的には暖地性であるため寒さの厳しい土地では防寒対策が必要。

 

・木の様子は南国風で自己主張が激しいため、他の木と混ぜて植えることはできない。庭の手前や玄関付近に単独で植えるのが一般的。 

 

・花の鑑賞を目的に植栽されるが、枝は上方で大きく開くように育ち、上手に剪定すれば、年を経るにつれて味わいを増す枝ぶりを楽しむことができる。町中で目にするサルスベリの多くは下の画像のようなコブ状だが、これは作業効率を考えて毎年同じ箇所で剪定したもの。本来の姿ではない。

 

・花はその年に伸びた枝先に咲くため、春から夏にかけて剪定すると花数が少なくなる。剪定の適期は落葉期で、冬の間であれば太めの枝も剪定できる。 

 

・成長が早く、放任して育てると枝葉が混み合って風通しが悪くなり、スス病、うどんこ病(写真)、カイガラムシなどの被害に遭いやすくなる。枝抜きをして通風を良くするか、消毒をする必要がある。

百日紅の剪定例
コブ状に剪定されることが多いが、これは「手抜き」
Crape myrtle
適切に剪定すれば、味わい深い枝ぶりになる
百日紅,病気
夏は、うどんこ病に罹りやすい

 

【サルスベリの品種】

 花期が長いため一般家庭の庭にも使われるが、近年ではあまり背丈が大きくならない品種や葉の黒い品種などの人気が高い。

大きくならないサルスベリ
背が低く、種を蒔いた年に開花するのは一才サルスベリ
sarusuberi
下草のように育つ品種(チカソー)もある
country red
カントリーレッドという品種は花色が濃く、枝が横に広がりにくい
葉っぱが黒い品種
ブラックパールは葉が黒く、白い花が咲くものと薄ピンクの花が咲くものがある

 

【サルスベリに似ている木】

 サルスベリと同様に樹皮が剥離しやすい木

 リョウブ ナツツバキ プラタナス

 トウカエデ アキニレ カゴノキ

 

サルスベリの基本データ

 

【分類】ミソハギ科 サルスベリ属

    落葉広葉 小高木

【漢字】百日紅/猿滑(さるすべり)

【別名】ヒャクジッコウ

    ヒャクジツコウ(百日紅)

    センニチコウ(千日紅)

    サルナメリ/クスグリノキ

【学名】Lagerstroemia indica

【英名】Crape myrtle

【成長】やや早い

【移植】簡単

【高さ】3m~10m

【用途】花木/公園

【値段】800円~